墨 の表紙画像

[大きい画像を開く]1447

2014/11/01 発売号

出版社:芸術新聞社. / 発売日:毎奇月1日 / 雑誌コード:05465
アクセスランキング:1,464 位 / 売上ランキング:1,786 位

一冊定価:2,417

もっと詳しく見る1447

定期購読
1年 - 14,500


◆墨 の紹介
『墨』は195号より、「もっと見やすく、もっと楽しく」をモットーに、これまでより少しコンパクトなA4変型サイズに移行いたしました。内容も一新し、新連載、新企画が続々と始まりました。これまでの読者のみなさま、また、書をこれから学びはじめる方も楽しんでいただける誌面をお届けします。
◆墨 ( 2014/11/01 発売号 ) の目次
特集----------------------------------------
北魏の楷書

漢が滅亡し、隋による統一まで、中国は魏晋南北朝時代と呼ばれる政治的な分裂時代を迎えました。とりわけ三世紀末から五世紀半ばにかけて、中国の北部(華北)では、諸民族・国家が分立興亡(五胡十六国時代)。その混乱の華北を統一したのが、北魏です。本特集では、その北魏の楷書に注目します。唐代の楷書とは違った独特な魅力を放つ北魏の楷書を学び、楷書の腕前にさらに磨きをかけましょう。

導入●北魏の楷書を学ぼう
鑑賞1●飯島春敬記念文庫蔵「高貞碑」初拓整本
レッスン1●「張猛龍碑」「始平公造像記」を書く  講師/樽本樹邨
レッスン2●「鄭羲下碑」「論経書詩」を書く  講師/辻元大雲
歴史●融合する「胡」と「漢」──五胡十六国と北魏  文/三﨑良章
鑑賞2●北魏墓誌名品選
鑑賞3●現代書家による臨書作品 こう見る! 北魏の楷書
 石飛博光・市澤静山・西村東軒・森田彦七
ビジュアル&トーク●北魏の楷書表現の魅力  牛窪梧十
論考●北碑のコア・イメージ――清人の議論から  文/菅野智明

企画----------------------------------------
◆未年の年賀状
・未年生まれの書家の年賀状
・新春恒例 もぐら庵の羊たち
・篆刻で年賀状  講師/尾崎蒼石
・篆刻をあしらった年賀状  真鍋井蛙
・二度目の別れ  文/小池昌代
・未・羊集字帖

連載---------------------------------------
・写された刻 6 写真/髙橋恭司
・今日も書室で 6 戴月軒製提筆
・書語辞典 37 文/伊藤文生
・これでスッキリ! 書道なんでも相談所 6 文/堀 久夫
・和魂漢才 6 道澄寺鐘銘 文/北川博邦
・不可思議な象形文字の出現と変容 3 特異な象形文字「龍」の流転 文/笹原宏之
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記 10
・翰墨の縁 44 呉湖帆・朱梅邨
・ギャラリー「雲崗・邑義信士女等五十四人造像記」
・碑法帖存疑 31 博文堂影印碑法帖拓本考(五) 文/伊藤 滋
・書論通観 23 王ジュ『論書ヨウ語』 文/松村茂樹
・書道問答 4 監修/松川昌弘 イラスト/霜田あゆ美
・書は人なり 34 金農の書 文/廣瀬保雄
・恥は書き捨て 12 [台北國立故宮博物院展を見学]の巻 文/酒井順子
・帝王学の書相 19 富岡鉄斎──陽明学の艶華 文/松宮貴之
・中国“書”的旅のススメ 60 文/種谷萬城
・ちまたで人気の書道教室 11 文/石渡玲子

トピックス------------------------------------

◆レポート
・東京中央オークション「二〇一四年秋季オークション」
・海上派文人・朱梅邨──その書法の実像  文/朱剛
・書の旅  文/髙澤浩一
・東アジアにおける書教育の相互理解を目指して
 ──日中韓国際学術シンポジウム開催報告  文/草津祐介
・展覧会ピックアップ

◆スポット
・高橋里江展

◆インフォメーション
・書の四季カレンダー2015

◆墨手箱
・手紙を味わう 6 文/中谷和玄
・世界という硯の上で 5 文/石川翠
・デザイン“すみずみ”異聞録 6 文/深沢慶太

◆読者参加企画
・「張猛龍碑」「始平公造像記」臨書作品募集 審査/樽本樹邨
・「鄭羲下碑」「論経書詩」臨書作品募集 審査/辻元大雲
・230号作品募集結果発表 審査/川嶋毛古

展覧会------------------------------------

●プレビュー
・第14回 扶桑印社展
・第54回 書燈社展 特別展示「詩文書の先達・森田安次の輝き」
・書壇院ギャラリー第95回展〈企画展示〉「貫名菘翁展」
・墨表現不二’14書展
・江島曜一書展─王羲之・王鐸に導かれて─

●話題の展覧会
・菅原竹情展
・第45回記念 千紫会万紅展 千紫会を支えた人々展
・書と資料でたどる 生誕百年 種谷扇舟展
・喜壽記念 樽本樹邨書作展
・高橋里江展
・第31回 読売書法展
・寺田白雲書展
・没後一一〇年 書僧・北方心泉展─心泉と富士─

●話題の書道展より
・第64回 玉信書展
・第54回 現日書展
・第54回 白扇書道会展
・第2回 眞龍書展
・第76回 酔墨書展
・第75回記念 国際文化交流 大日本書芸院展
・第31回 全国公募 日本綜合書作院展
・寒玉書道会 第11回選抜展
・第48回 墨彩会書展

墨らんだむ------------------------------------

・視点・田宮文平
・書道通信
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・11・12月の展覧会スケジュール
・愛読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記

・附録 2015年カレンダー
■墨 のバックナンバー
墨 231号 の表紙画像

[大きい画像を開く]1153081
墨 231号
2014/11/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む14471153081

特集----------------------------------------
北魏の楷書

漢が滅亡し、隋による統一まで、中国は魏晋南北朝時代と呼ばれる政治的な分裂時代を迎えました。とりわけ三世紀末から五世紀半ばにかけて、中国の北部(華北)では、諸民族・国家が分立興亡(五胡十六国時代)。その混乱の華北を統一したのが、北魏です。本特集では、その北魏の楷書に注目します。唐代の楷書とは違った独特な魅力を放つ北魏の楷書を学び、楷書の腕前にさらに磨きをかけましょう。

導入●北魏の楷書を学ぼう
鑑賞1●飯島春敬記念文庫蔵「高貞碑」初拓整本
レッスン1●「張猛龍碑」「始平公造像記」を書く  講師/樽本樹邨
レッスン2●「鄭羲下碑」「論経書詩」を書く  講師/辻元大雲
歴史●融合する「胡」と「漢」──五胡十六国と北魏  文/三﨑良章
鑑賞2●北魏墓誌名品選
鑑賞3●現代書家による臨書作品 こう見る! 北魏の楷書
 石飛博光・市澤静山・西村東軒・森田彦七
ビジュアル&トーク●北魏の楷書表現の魅力  牛窪梧十
論考●北碑のコア・イメージ――清人の議論から  文/菅野智明

企画----------------------------------------
◆未年の年賀状
・未年生まれの書家の年賀状
・新春恒例 もぐら庵の羊たち
・篆刻で年賀状  講師/尾崎蒼石
・篆刻をあしらった年賀状  真鍋井蛙
・二度目の別れ  文/小池昌代
・未・羊集字帖

連載---------------------------------------
・写された刻 6 写真/髙橋恭司
・今日も書室で 6 戴月軒製提筆
・書語辞典 37 文/伊藤文生
・これでスッキリ! 書道なんでも相談所 6 文/堀 久夫
・和魂漢才 6 道澄寺鐘銘 文/北川博邦
・不可思議な象形文字の出現と変容 3 特異な象形文字「龍」の流転 文/笹原宏之
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記 10
・翰墨の縁 44 呉湖帆・朱梅邨
・ギャラリー「雲崗・邑義信士女等五十四人造像記」
・碑法帖存疑 31 博文堂影印碑法帖拓本考(五) 文/伊藤 滋
・書論通観 23 王ジュ『論書ヨウ語』 文/松村茂樹
・書道問答 4 監修/松川昌弘 イラスト/霜田あゆ美
・書は人なり 34 金農の書 文/廣瀬保雄
・恥は書き捨て 12 [台北國立故宮博物院展を見学]の巻 文/酒井順子
・帝王学の書相 19 富岡鉄斎──陽明学の艶華 文/松宮貴之
・中国“書”的旅のススメ 60 文/種谷萬城
・ちまたで人気の書道教室 11 文/石渡玲子

トピックス------------------------------------

◆レポート
・東京中央オークション「二〇一四年秋季オークション」
・海上派文人・朱梅邨──その書法の実像  文/朱剛
・書の旅  文/髙澤浩一
・東アジアにおける書教育の相互理解を目指して
 ──日中韓国際学術シンポジウム開催報告  文/草津祐介
・展覧会ピックアップ

◆スポット
・高橋里江展

◆インフォメーション
・書の四季カレンダー2015

◆墨手箱
・手紙を味わう 6 文/中谷和玄
・世界という硯の上で 5 文/石川翠
・デザイン“すみずみ”異聞録 6 文/深沢慶太

◆読者参加企画
・「張猛龍碑」「始平公造像記」臨書作品募集 審査/樽本樹邨
・「鄭羲下碑」「論経書詩」臨書作品募集 審査/辻元大雲
・230号作品募集結果発表 審査/川嶋毛古

展覧会------------------------------------

●プレビュー
・第14回 扶桑印社展
・第54回 書燈社展 特別展示「詩文書の先達・森田安次の輝き」
・書壇院ギャラリー第95回展〈企画展示〉「貫名菘翁展」
・墨表現不二’14書展
・江島曜一書展─王羲之・王鐸に導かれて─

●話題の展覧会
・菅原竹情展
・第45回記念 千紫会万紅展 千紫会を支えた人々展
・書と資料でたどる 生誕百年 種谷扇舟展
・喜壽記念 樽本樹邨書作展
・高橋里江展
・第31回 読売書法展
・寺田白雲書展
・没後一一〇年 書僧・北方心泉展─心泉と富士─

●話題の書道展より
・第64回 玉信書展
・第54回 現日書展
・第54回 白扇書道会展
・第2回 眞龍書展
・第76回 酔墨書展
・第75回記念 国際文化交流 大日本書芸院展
・第31回 全国公募 日本綜合書作院展
・寒玉書道会 第11回選抜展
・第48回 墨彩会書展

墨らんだむ------------------------------------

・視点・田宮文平
・書道通信
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・11・12月の展覧会スケジュール
・愛読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記

・附録 2015年カレンダー
墨 230号 の表紙画像

[大きい画像を開く]1129932
墨 230号
2014/09/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む14471129932

特集----------------------------------------
小作品を楽しむ

美術館に展示される壁面芸術としての書。その大きなサイズの作品の迫力や華やかさは、それ自体どこまでも魅力的ですが、その一方で、小作品の魅力も決して忘れるわけにはいきません。そもそも作品サイズでいえば、王羲之の蘭亭序や十七帖にしても、あるいは日本の仮名の三色紙(寸松庵色紙・継色紙・升色紙)はさらに、小さな寸法の作品でした。小作品にも無限の可能性がある! 贈り物に、インテリアに、そしてもちろん展覧会に。魅せる小作品を書きましょう。

鑑賞1●先人たちのミクロコスモス
 青山杉雨・安東聖空・金子鴎亭・川村驥山・鈴木翠軒・殿村藍田・日比野五鳳・豊道春海・松井如流・松本芳翠
エッセイ●ミクロコスモスの息吹き  文/吉田加南子
鑑賞2●
現代書家による書き下ろし 誌上小作品展
 【漢字】岡田契雪・田中鳳柳・中林蕗風・柳 碧蘚
 【かな】上林三玲・田頭央ガ・野田正行・山本高邨
 【詩文書】鈴木まつ子・砂本杏花・辻井京雲・百瀬大蕪
レッスン●いろいろな小作品を書いてみよう  講師/川嶋毛古
ガイダンス●みんな知りたい「表具の選び方」 協力/東洋額装
ピックアップ●創作表具の楽しみ 小林雅尚堂
クローズアップ●筆遊び彩書 彩りを添えて書を贈る  講師/尾﨑洋子
コラム●小作品を応募しよう――インテリアの書展

企画----------------------------------------
・画家・松田正平の手紙
・生誕一五〇年記念 日本近代書道の源泉 秋山白巌展

連載---------------------------------------
・写された刻 5 写真/髙橋恭司
・今日も書室で 5 紫泥砂壺
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記 9
・翰墨の縁 43 翁方綱・李瑞清
・ギャラリー「楊休墓誌」
・碑法帖存疑 30 博文堂影印碑法帖拓本考(四) 文/伊藤 滋
・書語辞典 36 文/伊藤文生
・これでスッキリ! 書道なんでも相談所 5 文/堀 久夫
・帝王学の書相 18 曾国藩――東アジア近代の源泉 文/松宮貴之
・恥は書き捨て 11 [続・漢字仮名交じり書~格闘編]の巻 文/酒井順子
・書論通観 22 傅山「作字示児孫」 文/松村茂樹
・日本の金石文 最終回 伝達と筆法 文/財前 謙
・和魂漢才 5 神護寺鐘銘 文/北川博邦
・書は人なり 33 尾形乾山の書 文/廣瀬保雄
・奇妙な象形文字の出現と変容 2 奇妙な顔かたちの「龍」の系譜 文/笹原宏之
・書道問答 3 監修/松川昌弘 イラスト/霜田あゆ美
・ちまたで人気の書道教室 10 文/石渡玲子
・中国“書”的旅のススメ 59 文/種谷萬城

トピックス------------------------------------

◆レポート
・第15回 日本蘭亭会 東京展
・中原の古都・臨汾の書法事情──山西師範大学の薛珠峰先生を訪ねて 文/松宮貴之
・発表された日展の改革案について
・展覧会ピックアップ

◆スポット
・中部日本書道会 創立80周年記念イベント続々!

◆インフォメーション
・髙橋恭司写真展
・京都の職人さんの丁寧な手仕事

◆スポットライト
・石の夢を紡ぐ──印鈕作家・田中愛己

◆墨手箱
・手紙を味わう 5 文/中谷和玄
・世界という硯の上で 4 文/石川翠
・デザイン“すみずみ”異聞録 5 文/深沢慶太

◆読者参加企画
・小作品募集 審査/川嶋毛古
・229号作品募集結果発表 審査/中村伸夫・土井汲泉

展覧会------------------------------------

●プレビュー
・筆の里工房開館20周年記念特別展 日本の書と書の宇宙
・東京国立博物館・書道博物館連携企画 趙之謙の書画と北魏の書──悲アン没後一三〇年
・第11回 中日・日中友好古墨書道展
・第62回 無心会書展

●話題の展覧会
・文化勲章受章記念 髙木聖鶴展
・古稀記念・こころの書 星弘道近作書展
・藤波艸心個展「心の旅」
・梧竹・蒼海顕彰 第22回 佐賀県書道展
・第42回 日本の書展
・第66回 毎日書道展
・第31回 産経国際書展
・第22回 国際架橋書会選抜展

●誌上展
・貞本竜児誌上個展「狂」

●話題の書道展より
・第49回 瑞雲展
・第52回 水穂書展
・第54回 墨滴全国書展
・第28回 玄心書道展
・第28回 書道玄燿展
・第12回 滴仙会書法展
・第49回 官公書展
・第45回記念 千紫会万紅展 併催 千紫会を支えた人々展

墨らんだむ------------------------------------
・視点・田宮文平
・書道通信
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・9・10月の展覧会スケジュール
・愛読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記

墨 229号 の表紙画像

[大きい画像を開く]1105850
墨 229号
2014/07/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む14471105850

特集----------------------------------------
米フツの書技を学ぼう

蘇軾、黄庭堅とともに宋の三大家の一人、──また蔡襄も加えて宋の四大家の一人とされる、米フツ(1051~1107)。湖北襄陽の人。初名は黻、字は元章。海岳、南宮などと号しました。書画の鑑定にも優れ、王羲之・王献之らに傾倒した米フツの書は、 後世に大きな影響を与えるとともに、現代の書人たちをも魅了しています。195号のリニューアル以降、王羲之、顔真卿に続く三人目の人物特集になります。米フツの書技を学び、一味も二味も違う書を目指しましょう! (”フツ”は草冠に市)

インタビュー●米フツの魅力  星 弘道
基礎知識●米フツ──宋代の芸術家  文/塘 耕次
鑑賞1●宋拓「群玉堂帖」
レッスン1●行書「蜀素帖」を書こう  講師/中村伸夫
レッスン2●草書「元日帖」を書こう  講師/土井汲泉
ビジュアル&トーク●自然で巧みな米フツ  石川芳雲
クローズアップ1●「語る線」が織りなす米フツの書  文/尾川明穂
クローズアップ2●無双の書画博士 米フツの書論  文/成田健太郎
コラム●襄陽の史跡「米公祠」をたずねて
鑑賞2●現代書家の競演──米フツの臨書と倣書
 明石聴濤・池田龍仙・石永甲峰・鬼頭墨峻・中村雲龍・水川舟芳
アンケート●現代書家6名に聞きました こう見る! 米フツ

企画----------------------------------------
・ギャラリー 特別編 范成大「田園雑興詩帖」
・太宗と王羲之書法 文/松村茂樹
・書道マンガ・アニメのいま!

連載---------------------------------------
・写された刻 4 写真/髙橋恭司
・今日も書室で 4 米フツ螽斯瓜テツ硯(”テツ”は瓜に失)
・書語辞典 35 文/伊藤文生
・翰墨の縁 42 黄鉞・朱為弼・翁方綱
・碑法帖存疑 29 博文堂影印碑法帖拓本考(三) 文/伊藤 滋
・恥は書き捨て 10 [初めての漢字仮名交じり書]の巻 文/酒井順子
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記 8
・書は人なり 32 王文治の書 文/廣瀬保雄
・書論通観 21 豊坊『書訣』 文/松村茂樹
・これでスッキリ! 書道なんでも相談所 4 文/堀 久夫
・和魂漢才 4 大江朝綱「紀家集」 文/北川博邦
・奇妙な象形文字の出現と変容 1 文/笹原宏之
・書道問答 2 監修/松川昌弘 イラスト/霜田あゆ美
・日本の金石文 11 仮名の往く道 文/財前 謙
・帝王学の書相 17 空海――書聖の音韻学 文/松宮貴之
・中国“書”的旅のススメ 58 文/種谷萬城

トピックス------------------------------------

◆レポート
・日展の審査をめぐる問題
・台湾の書法創作論の現在──国父記念館開催・黄智陽創作展「無礙」 文/黄智陽・松宮貴之
・第9回 手島右卿賞 受賞者発表

◆スポット
・第7回 一光書法会 薬師寺展
・独創・倉田信岳──千葉・流山 書道藝術館 特集

◆エッセ・クリティック
・北原白秋──響き合う書線と言葉 文/岸 沙織

◆インフォメーション
・第7回「墨」評論賞募集  審査/石川九楊

◆墨手箱
・手紙を味わう 4 文/中谷和玄
・デザイン“すみずみ”異聞録 4 文/深沢慶太
・ポップの「時代」とアートの「現在」 文/暮沢剛巳

◆読者参加企画
・米フツ;「蜀素帖」臨書作品募集 審査/中村伸夫
・米フツ;「元日帖」臨書作品募集 審査/土井汲泉
・228号作品募集結果発表 審査/杭迫柏樹・吉澤鐵之・新谷泰鵬

展覧会------------------------------------

●プレビュー
・小竹石雲書展 ―ふるさと吉備の韻―

●話題の展覧会
・祝遂之書画日本展
・没後25年 桑田笹舟展
・今井凌雪 ―人と書のすべて―
・第68回 日本書芸院展
・沁みいる故郷 船本芳雲書展
・第5回記念 聖筆会代表書作家展

●話題の書道展より
・第63回 日本書道院展
・第37回 官公書道連役員展
・第43回 鶏聲展
・第74回 龍門社書展
・第45回記念 臨池会書展
・第70回 鳳雛書展
・第43回 日書学同人展
・第36回 翠心三十八人展
・第38回 書道笹波会展
・第38回 由源展

墨らんだむ------------------------------------
・視点・田宮文平
・書道通信
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・7・8月の展覧会スケジュール
・読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記


墨 228号 の表紙画像

[大きい画像を開く]1073561
墨 228号
2014/05/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む14471073561

特集----------------------------------------
台北 故宮博物院の名品で学ぶ 行書と草書

来たる6月24日より、「台北 國立故宮博物院『神品至宝』」展が開催されます(東京国立博物館で開催後、九州国立博物館に巡回)。「翠玉白菜」や「肉形石」の限定公開も話題ですが、王羲之「定武蘭亭序」、孫過庭「書譜」、蘇軾「黄州寒食詩巻」、黄庭堅「黄州寒食詩巻跋」など、書の名品の出品も注目されています。そこで今回は、これら同博物院の名品で、行書・草書を学びましょう。『墨』の特集で手習いをし、展覧会で実物を鑑賞できる絶好の機会の到来です。

導入●特別展「台北 故宮博物院 ─神品至宝─」開催!
鑑賞●特別展「台北 故宮博物院 ─神品至宝─」の書の名品  選・解説/富田 淳
レッスン1●王羲之「定武蘭亭序」を書く  講師/杭迫柏樹
レッスン2●蘇軾「黄州寒食詩巻」 黄庭堅「黄州寒食詩巻跋」を書く  講師/吉澤鐵之
レッスン3●孫過庭「書譜」を書く  講師/新谷泰鵬
論考1●王羲之書法継承のしくみ ─幻影をかたちに─  文/中村史朗
論考2●東坡と山谷の万里の交情 ─「黄州寒食帖」をめぐって─  文/内山精也
論考3●書論としての『書譜』 ─真跡本から読みとる構成の謎─  文/須田義樹
コラム●台北 故宮博物院はどんなところ?

企画----------------------------------------
・IKKOの50の手習い番外編 書ときものは、私のたから
・書家の目 中 「書譜」「省別帖(遠宦帖)」「散氏盤」  表 立雲
・旧拓剪装本で味わう『好太王碑』

連載---------------------------------------
・写された刻 3 写真/髙橋恭司
・今日も書室で 3 
・書語辞典 34 文/伊藤文生
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記 7
・翰墨の縁 41 翁方綱・阮元・呉榮光
・ギャラリー「母丘儉紀功刻石」
・碑法帖存疑 28 博文堂影印碑法帖拓本考(二) 文/伊藤 滋
・恥は書き捨て 9 【蘇東坡「黄州寒食帖」を書く】の巻 文/酒井順子
・ペン字で古典を学ぶ 12 王羲之「黄庭経」 講師/鈴木啓水
・書は人なり 31  文/廣瀬保雄
・書論通観 20 董其昌『画禅室随筆』 文/松村茂樹
・帝王学の書相 16 欧陽詢──史事帖考 文/松宮貴之
・書道問答1 監修/松川昌弘 イラスト/霜田あゆ美
・これでスッキリ! 書道なんでも相談所 3 文/堀 久夫
・和魂漢才 3 小野道風「屏風土代」 ② 文/北川博邦
・日本の金石文 10 法隆寺 文/財前 謙
・ちまたで人気の書道教室 9 文/石渡玲子
・中国“書”的旅のススメ 57 文/種谷萬城

トピックス------------------------------------

◆レポート
・“競書誌請負人”の現状
・東京中央オークション・二〇一四年春期オークション
・第17回「國井誠海賞」受賞者決まる
・展覧会ピックアップ
・第8回 かながわ書道まつり
・大東文化大学書道研究所主催講演会「墨に息づく、中世・近世文人墨客の心像」
 ――特別展示・古梅園伝世秘蔵文物――
・講演会・学び続けていける社会の構築Ⅱ ─生涯学習としての書のこれから─

◆インフォメーション
・第7回「墨」評論賞募集  審査/石川九楊

◆墨手箱
・手紙を味わう 3 文/中谷和玄
・世界という硯の上で 3 文/石川翠
・デザイン“すみずみ”異聞録 3 文/深沢慶太
・復興に向けて活動する雄勝硯

◆読者参加企画
・王羲之「定武蘭亭序」臨書作品募集 審査/杭迫柏樹
・蘇軾「黄州寒食詩巻」 黄庭堅「黄州寒食詩巻跋」臨書作品募集 審査/吉澤鐵之
・孫過庭「書譜」臨書作品募集  審査/新谷泰鵬
・227号作品募集結果発表 審査/一色白泉・佐伯司朗

展覧会------------------------------------
●プレビュー
・書のときめき’14 井上一光展
・缶墨東遊――呉昌碩生誕一七〇周年記念展――

●話題の展覧会
・米本一幸 筆の調べ ――淑気満つ――自詠・さちこの句にのせて
・奈良教育大学退職記念 吉川美恵子書作展
・有岡シュン崖書作展
・第54回 日本書作院展
・第60回記念 栴檀社書展
・俳句からの創造──染と書
・第50回記念 創玄展
・公募 東京書作展 選抜作家展2014
・‘13玄土社書展

●誌上展
・貞本竜児誌上個展「憶」

●話題の書道展より
・第36回 青潮書道会全国展
・第43回 凌雲選抜書展
・第42回 公募 書道一元會展
・第67回 書道芸術院展
・第54回 現日春季書展
・第42回 國際書道連盟展
・第76回 謙慎書道会展

墨らんだむ------------------------------------
・視点・田宮文平
・書道通信
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・5・6月の展覧会スケジュール
・読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記


墨 227号 の表紙画像

[大きい画像を開く]1049668
墨 227号
2014/03/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む14471049668

特集----------------------------------------
写経 心をこめて美しく

写経の目的には信仰や功徳、亡くなった人の供養といった仏教の思想が根底にあります。また一字一字書き写すことで、心身を浄化し、安らぎを得たり、集中力を高める効果があることも知られています。書の世界では学書として写経を行い、写経そのものを書作品として発表することも多いようです。本特集では、写経の魅力に迫りながら〝書の上達〟も視野に入れて、「般若心経」の書き方から古写経の楷書の筆法まで学んでいきます。時には日常の煩わしさから離れて、心静かに写経に取り組んでみませんか? 

フォトレポート●お寺で写経を体験 鎌倉・長谷寺 取材・文/南部真雪 撮影/中川敦玲
知識●万巻の経典──敦煌文書から現代の写経まで 文/大橋一章
レッスン1●般若心経を書こう 講師/一色白泉
レッスン2●古写経の名品を臨書しよう 講師/佐伯司朗
インタビュー●百寺納経──楷法への開眼 柳田泰山
クローズアップ●日々の暮らしに写経を 小林逸光
レッスン3●鉛筆で写経しよう 講師/鈴木啓水
エッセイ●私と写経 荒木大樹・柴山抱海・髙橋蒼石・真鍋井蛙
コラム●東大寺御宝・昭和大納経
ガイド●旅に出て写経しよう

企画----------------------------------------
・書家の目 台北國立故宮博物院「神品至宝」によせて 上  
 孫過庭「書譜」──原形復元と真跡・法帖鑑別  表 立雲

連載---------------------------------------
・写された刻 2 写真/髙橋恭司
・今日も書室で 2 歙州龍尾仔石硯
・書語辞典 33 文/伊藤文生
・書は人なり 30 陳奕禧の書 文/廣瀬保雄
・これでスッキリ! 書道なんでも相談所 2 文/堀 久夫
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記 6
・翰墨の縁 40 翁方綱
・ギャラリー「摩訶般若波羅蜜經三慧品第四、七十」
・碑法帖存疑 27 博文堂影印碑法帖拓本考(一) 文/伊藤 滋
・ペン字で古典を学ぶ 11 智永 「真草千字文〈寶墨軒本〉」 講師/鈴木啓水
・恥は書き捨て 8 剛直にして革新的、顔真卿の書 文/酒井順子
・和魂漢才 上代の人と詩文と書と 2 小野道風「屏風土代」① 文/北川博邦
・日本の金石文 9 しのぶ 文/財前 謙
・書論通観 19 趙孟頫「蘭亭十三跋」 文/松村茂樹
・帝王学の書相 15 雨森芳洲──酒、筆談、漢詩、そして書による日朝交流 文/松宮貴之
・ちまたで人気の書道教室 8 文/石渡玲子
・中国“書”的旅のススメ 56 文/種谷萬城

トピックス------------------------------------
◆レポート
・日展の審査をめぐる問題について
・二絶の人──「石峯・高鳳柱先生篆刻研究国際セミナー」参加報告記 文/大石六田
・展覧会ピックアップ
・上海・呉昌碩紀念館にて日中書道教育交流書作展開催 文/草津祐介
・第2回都美セレクション・グループ展「書の予兆――――墨象の現時代」
・高校書道部が岡山市の美術館とコラボレーション──狸庵文庫美術館・岡山県立倉敷青陵高校
・第19回全日本高等学校書道コンクール審査結果発表

◆インフォメーション
・第7回「墨」評論賞募集 審査/石川九楊
・第6回「墨」評論賞授賞式開催

◆ダイアローグ
・東アジアの書にとって「伝統」とは何か 松宮貴之・朱剛

◆墨手箱
・手紙を味わう 2 文/中谷和玄
・世界という硯の上で 2 文/石川 翠
・アートの森に書の木が生える 文/小川敦生
・「反芸術」の終焉とその後 文/暮沢剛巳
・デザイン“すみずみ”異聞録 2 文/深沢慶太
・富陽市での出会い 文/草津祐介

◆読者参加企画
・般若心経 作品募集 審査/一色白泉
・賢愚経・色紙経・敦煌経 臨書作品募集 審査/佐伯司朗
・226号作品募集結果発表 審査/大石三世子・岩永栖邨

展覧会------------------------------------
●プレビュー
・第11回 醜美舎展

●話題の展覧会
・翠亭の書 村上翠亭個展
・第58回 現代書道二十人展
・現代の書 新春展
・毎日現代書関西代表作家展
・第30回記念 産経国際書展 新春展 第28回 産経国際書会代表展
・生誕百十周年「費新我」回顧展
・第33回 選抜香瓔百十人展 ─明を追う─
・吉澤鐵之書作展
・第26回 国際架橋書展
・第31回 古典臨書展

●話題の書道展より
・第65回 正筆展
・第45回 正筆会菁華書作展
・第49回 群象書人展
・第62回 独立書展
・平成26年 瑞雲春秋展
・第61回 朝聞書展

墨らんだむ------------------------------------
・視点・田宮文平
・書道通信
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・3・4月の展覧会スケジュール
・読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記

墨 226号 の表紙画像

[大きい画像を開く]1027947
墨 226号
2013/12/28 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む14471027947

特集----------------------------------------
かなの原点 古今和歌集

わが国初の勅撰和歌集として知られる古今和歌集──。
現存する古筆のなかでも古今和歌集を書いたものは数多く、
初心者・上級者を問わず愛好家の間で親しまれています。
本特集は、レベルと用途に応じたレッスンと、作品づくりに役立つ作例が満載。
かな書の原点ともいえる古今和歌集に取り組み、実力アップを目指しましょう。

鑑賞1●先人が奏でる「古今和歌集」
安東聖空・桑田笹舟・日比野五鳳・深山龍洞
エッセイ●結びし水の解け出すところ 文/堀江敏幸
知識●古今和歌集と日本の美意識 文/中島輝賢
レッスン1●入門編 高野切古今集を臨書しよう 講師/大石三世子
レッスン2●応用編 古今和歌集を書こう 講師/岩永栖邨
資料●古今和歌集の写本いろいろ 解説/髙橋佑太
クローズアップ1●先人による古今集を素材とした作品
コラム●茶室で味わう古今和歌集
鑑賞2●現代かな作家による「古今和歌集」の世界
阿部朱昂・岩井秀樹・大川壽美子・岡田直樹・鎌田悠紀子・竹田晃堂・松井玉箏・山本高邨
レッスン3●ペン字で書く古今和歌集のうた 講師/石川芳雲
クローズアップ2●完成!「高野切古今集」全二十巻 文/森岡 隆
ピックアップ●古今集の古写本もお目見え! 「和歌を愛でる」展、根津美術館で開催

企画----------------------------------------
・第45回 日展 第5科・書
・第6回 「墨」評論賞 選考結果発表 審査/石川九楊

連載---------------------------------------
・写された刻 1 写真/髙橋恭司
・今日も書室で 1 羅漢形田黄石書鎮
・翰墨の縁 39 “黄鉞と翁方綱”
・書語辞典 32 文/伊藤文生
・書は人なり 29 菘翁の書 文/廣瀬保雄
・書論通観 18 趙之謙『章安雑説』 文/松村茂樹
・これでスッキリ! 書道なんでも相談所 1 文/堀 久夫
・和魂漢才 上代の人と詩文と書と 1 藤原佐理「詩懐紙」 文/北川博邦
・ペン字で古典を学ぶ 10 褚遂良「雁塔聖教序」 講師/鈴木啓水
・帝王学の書相 14 米芾──復古の謎 文/松宮貴之
・碑法帖存疑 26 『史晨碑』三井聴氷閣旧蔵本取拓年代考 文/伊藤 滋
・IKKOの50の手習い 最終回 指導/金敷駸房
・恥は書き捨て 7 「天才の書・空海『風信帖』」の巻 文/酒井順子
・ギャラリー「與天久長瓦当」
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記 5
・日本の金石文 8 連歌師の眼 文/財前 謙
・中国“書”的旅のススメ 55 文/種谷萬城
・ちまたで人気の書道教室 7 文/石渡玲子

トピックス------------------------------------
◆新春吉例
・新年名刺交換会

◆レポート
・高木聖鶴氏文化勲章受章
・日展の審査に関する報道について
・現代日本の書代表作家パリ展 SHO2
・東京中央オークション 総括2013年
・第5回 2013釜山書芸ビエンナーレ
・東京中央オークション「第4回珍蔵オークション」
・四川省・雅安で「第九回中国書法史論研討会」開く
・西レイ印社が建社一一〇周年記念祝賀行事を開催!
・展覧会ピックアップ

◆追悼
・王学仲氏逝く 文/魚住和晃

◆インタビュー
・書を続ける──原発の町・福島県双葉町から避難して 渡部翠峰氏に聞く

◆新コーナー 墨手箱
・手紙を味わう 1 文/中谷和玄
・世界という硯の上で 1 文/石川翠
・デザイン“すみずみ”異聞録 1 文/深沢慶太

◆読者参加企画
・「高野切第三種」臨書作品募集 審査/大石三世子
・古今集を素材とした和歌一首によるかな作品募集 審査/岩永栖邨
・225号作品募集結果発表 審査/赤平泰処・三宅相舟

展覧会------------------------------------
●プレビュー]
・福島一浩・高澤浩一書作展
・第63回 書道學會展
・TOKYO書 2014
・小山明菜書展
・第46回 魁心書法院展

●話題の展覧会
・和田善一書作展
・井上峰雪──書の散歩道
・高橋 蒼 展──高橋はる歌集『はなかがり』より「生還」「闇の川」を書く
・日本書道院100人展・第30回選抜展
・第16回 桂会展
・第35回 東西書展

●誌上展
・貞本竜児誌上個展「遊」

●話題の書道展より
・第35回記念 日本書展/第40回記念 銀河書道作品展
・第62回 奎星展
・第35回 翠心会展
・第47回 心象書展──よろこび・漢代の書
・第47回 墨彩会書展
・第74回 千草会書展
・第47回 公募 天真全国書道展

墨らんだむ------------------------------------
・視点・田宮文平
・書道通信
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・1・2月の展覧会スケジュール
・読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記
墨 225号 の表紙画像

[大きい画像を開く]1002007
墨 225号
2013/11/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む14471002007

特集----------------------------------------
書が変わる! 筆の選び方・使い方 徹底指南

インタビュー●五人の現代書家が語る 筆の選び方・使い方
 有岡シュン崖・日比野 実・辻元大雲・慶徳紀子・千葉蒼玄
レッスン●書きたい表現に合った筆をみつけよう
 漢字編 講師/赤平泰処
 かな編 講師/三宅相舟
基礎知識●筆と書──日本におけるその歴史 文/村田隆志
クローズアップ●御筆司・高木五郎兵衛 文/濱田 薫
ピックアップ●プレゼント付 筆屋さん・筆工房さんが大推薦 この筆で書きたい!
コラム1●伝統の豊橋筆 筆庵の筆づくり
コラム2●攀桂堂・藤野雲平氏が語る「巻筆」の今とこれから
ショート・レクチャー●実践! 筆ペンの選び方 講師/鈴木啓水
インフォメーション●筆いろいろ

連載---------------------------------------
・書語辞典 31 文/伊藤文生
・翰墨の縁 38 “銭振鍠と謝覲虞”
・ギャラリー「南海神廟碑 翁方綱旧蔵本」
・もじ笑う 最終回 きょうのピリオド 文/石田 千 コラージュ/佐々木美穂
・書論通観 17 蘇勗「石鼓文叙記」 文/松村茂樹
・日本の金石文 7 狩谷棭斎 文/財前 謙
・IKKOの50の手習い 5 指導/金敷駸房
・恥は書き捨て 6 「藤原行成と和様の書」の巻 文/酒井順子
・書に関するへそ曲がり随想 最終回 文/堀 久夫
・碑法帖存疑 25 「石鼓文・整拓最旧本」考 文/伊藤 滋
・ペン字で古典を学ぶ 9 「高野切第一種」 講師/鈴木啓水
・書は人なり 28 大燈国師の書 文/廣瀬保雄
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記 4
・帝王学の書相 13 小野道風──三跡という幻 文/松宮貴之
・ちまたで人気の書道教室 6
・中国”書”的旅のススメ 54 文/種谷萬城

企画------------------------------------

◆午年の年賀状
・午年生まれの書家の年賀状
 石川芳雲・岩浅写心・襟立玉英・大倉谷山・大西きくゑ・藏元訓征・
 鈴木不倒・寺井朴堂・西迫翠峰・西村東軒・船本芳雲・吉澤鐵之
・もぐら庵の馬たちがやって来た!
・午・馬 集字帖
・無縁の感 文/松浦寿輝

トピックス------------------------------------

◆特別寄稿
・生誕200年 「肥前の妖怪」閑叟 鍋島直正の書 文/古川英文

◆レポート
・書の旅 九成宮醴泉銘編 文/髙澤浩一
・第14回蘭亭書法交流「台北」展
・特別展「和様の書」席上揮毫会
・創立3周年・東京中央オークション
・展覧会ピックアップ
・“書道ガール”が漢詩実作体験! 新潟県立長岡大手高校

◆インフォメーション
・書の四季カレンダー2014 好評発売中!

◆読者参加企画
・漢字作品募集 審査/赤平泰処
・かな作品募集 審査/三宅相舟
・224号作品募集結果発表 審査/渡辺墨仙・添田耕心・佐久間康之・大平匡昭・船本芳雲

展覧会------------------------------------

●プレビュー
・翠亭の書──村上翠亭個展
・深井蕗山書法精品展
・第50回記念 朱月社選抜展

●話題の展覧会
・書業55年 水川舟芳「素貌の書」
・第21回 臨書と自由書作品展
・第30回 読売書法展

●話題の書道展より
・第48回 官公書展
・第63回 玉信書展
・第53回 現日書展
・第57回 凌雲書展
・第74回 国際文化交流 大日本書芸院展
・第30回記念 全国公募 日本綜合書作院展
・第53回 白扇書道会展

墨らんだむ------------------------------------
・視点・田宮文平
・書道通信
・コラム 墨手箱
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・11・12月の展覧会スケジュール
・読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記

墨 224号 の表紙画像

[大きい画像を開く]978724
墨 224号
2013/08/31 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447978724

特集----------------------------------------

誌上 大錬成会 「漢字かな交じり」編

プロローグ●はじめに
錬成会1●俳句を書く 講師/渡辺墨仙
錬成会2●短歌を書く 講師/添田耕心
錬成会3●詩を書く 講師/佐久間康之
錬成会4●散文を書く 講師/大平匡昭
錬成会5●自詠を書く 講師/船本芳雲
評論●「ことば」は読まれたがっている──読めない漢字かな交じり書にもの申す 文/田宮文平
コラム1●「漢字仮名交じり書」部門開設に向けて──書道同文会
コラム2●筆鋒の活躍と性情の流露──書道一元會

連載---------------------------------------

・書語辞典 30 文/伊藤文生
・書は人なり 27 孫文の書 文/廣瀬保雄
・翰墨の縁 36 “鄧邦述と傅増湘”
・ギャラリー「李仲璇碑」
・碑法帖存疑 24 新出『安国旧蔵宋拓石鼓文』過眼記 文/伊藤 滋
・日本の金石文 6 心の準備 文/財前 謙
・ペン字で古典を学ぶ 8 藤原行成「白氏詩巻」 講師/鈴木啓水
・書に関するへそ曲がり随想 30 文/堀 久夫
・もじ笑う 17 お盆のころ 文/石田 千 コラージュ/佐々木美穂
・IKKOの50の手習い 4 指導/金敷駸房
・恥は書き捨て 5 「千字文で草書を習う」の巻 文/酒井順子
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記 3
・書論通観 16 姜虁『続書譜』 文/松村茂樹
・帝王学の書相 12 乾隆帝──詩書の現象学 文/松宮貴之
・実録!書写書道教育 6 大妻中学高等学校
・ちまたで人気の書道教室 5
・中国”書”的旅のススメ 53 文/種谷萬城

トピックス------------------------------------

◆レポート
・発展する硯都のいま 文/花井順子
・黄州逍遙──中国・湖北省黄岡市周辺の名所めぐり 文/高塚憲昭

◆試論
・これからの臨書のあり方を考える──近現代人の臨書・学校教育を通じて 文/鳥塚篤広

◆読者参加企画
・漢字かな交じり書「俳句」作品募集 審査/渡辺墨仙
・漢字かな交じり書「短歌」作品募集 審査/添田耕心
・漢字かな交じり書「詩」作品募集 審査/佐久間康之
・漢字かな交じり書「散文」作品募集 審査/大平匡昭
・漢字かな交じり書「自詠」作品募集 審査/船本芳雲
・223号作品募集結果発表 審査/市澤静山・大井錦亭

展覧会------------------------------------

●プレビュー
・千葉蒼玄展──鎮魂と復活PARTⅡ
・第10回 中日・日中友好古墨書道展
・第20回 泰書展
・第61回 無心会書展

●話題の展覧会
・第7回 柿下木冠書展
・第41回 日本の書展
・第65回 毎日書道展
・第30回記念 産経国際書展
・第21回 国際架橋書会選抜展
・第65回 書道同文展
・創立90周年記念 第48回 貞香書展
・横浜 赤レンガ倉庫 2013

●話題の書道展より
・第51回 水穂書展
・第48回 瑞雲展
・寒玉書道会 第9回選抜展
・第27回 玄心書道展
・第53回 墨滴会全国書展
・第27回 書道玄燿展
・第11回 滴仙会書法展
・第44回 千紫会万紅展

墨らんだむ------------------------------------

・視点・田宮文平
・書道通信
・コラム 墨手箱
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・9・10月の展覧会スケジュール
・読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記
墨 223号 の表紙画像

[大きい画像を開く]950922
墨 223号
2013/07/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447950922

特集----------------------------------------

絶対上達!「拓本」の見方教えます

鑑賞1●名拓の味わい 「皇甫誕碑」「集字聖教序」「十七帖」
資料●早わかり 「拓本」基礎知識
コラム1●「碑」と「帖」の違い
レッスン1●絶対上達する「拓本」の見方、学び方 楷書編 「皇甫誕碑」を書く 講師/市澤静山
レッスン2●絶対上達する「拓本」の見方、学び方 行・草書編 「集字聖教序」「十七帖」を書く 講師/大井錦亭
インタビュー●木ケイ室・伊藤 滋氏に聞く 碑法帖の魅力とその見方
鑑賞2●中村不折コレクション 書道博物館の拓本で書いてみよう 選・文/中村信宏
クローズアップ●饒舌をまとう影法師 清人の拓本鑑定によせて 文/菅野智明
アンケート●こう見る! 私流“書くための”拓本鑑賞術
明石聴濤・赤平泰処・有岡シュン崖・大藪清雅・佐伯司朗・谷村雋堂・中川裕晧・中村伸夫・丹羽蒼処・本多周方・柳澤朱篁・山崎知堂・山本信山・渡邉 麗
コラム2●筆墨店に聞きました 現代の「拓本」事情

特別企画---------------------------------------

三輪田米山 その書が、いま語りかけるもの 文/高澤浩一

連載---------------------------------------

・書語辞典 29 文/伊藤文生
・ギャラリー「詩境帖」
・翰墨の縁 35 “張廷済と楊カイ”
・碑法帖存疑 23 停雲館帖考(下) 文/伊藤 滋
・もじ笑う 16 鏡の国から 文/石田 千 コラージュ/佐々木美穂
・IKKOの50の手習い 3 指導/金敷駸房
・恥は書き捨て 4 「蘭亭序と、人生の無常」の巻 文/酒井順子
・書は人なり 26 坂本龍馬の書 文/廣瀬保雄
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記 2
・日本の金石文 5 初唐の風 文/財前 謙
・ペン字で古典を学ぶ 7 欧陽詢「九成宮醴泉銘」 講師/鈴木啓水
・書に関するへそ曲がり随想 29 文/堀 久夫
・書論通観 15 米フツ『海岳名言』 文/松村茂樹
・講座・筆跡鑑定入門【番外編】 《対談》もう、科捜研にまかせられない! 後編 魚住和晃×神谷信行
・帝王学の書相 11 犬養毅──悟入する雲書 文/松宮貴之
・ちまたで人気の書道教室 4
・中国”書”的旅のススメ 52 文/種谷萬城

トピックス------------------------------------

◆レポート
・「漢韻和風 青山杉雨のコレクションと書」展開催
・第21回梧竹・蒼海顕彰 佐賀県書道展
・台湾における現代書法論──台湾を代表する現代書法家、華梵大学黄智陽教授を訪ねて 文/松宮貴之
・東京中央オークション「第3回珍蔵オークション」
・公開シンポジウム「伝統の危機 奈良墨の今 未来つなぐ伝統文化を守るために」
・空前の盛況!春の福建東南オークション

◆インフォメーション
・第6回「墨」評論賞募集 審査/石川九楊

◆読者参加企画
・「皇甫誕碑」臨書作品募集 審査/市澤静山
・「集字聖教序」「十七帖」臨書作品募集 審査/大井錦亭
・222号作品募集結果発表 審査/藤岡都逕・山本大悦・西村東軒

展覧会------------------------------------

●プレビュー
・特別展 和様の書
・文字の力・書のチカラII 書と絵画の対話
・毎日書道展特別展示「手島右卿の書芸術 その世界性」

●話題の展覧会
・特別展「日本の名蹟」 和様の書の変遷
・第67回 日本書芸院展
・創立記念 眞龍書展
・毎日書道展 第65回記念 毎日現代書巡回展 今をえがく書 かながわ

●話題の書道展より
・第59回 栴檀社書展
・第62回 日本書道院展
・第36回 官公書連役員展
・第42回 鶏聲展
・第44回 臨池会書展
・第42回 日書学同人展
・第35回 翠心三十八人展
・第73回 龍門社書展
・第37回 書道笹波会展
・第37回 由源展
・第69回 鳳雛書展

墨らんだむ------------------------------------

・視点・田宮文平
・書道通信
・コラム 墨手箱
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・7・8月の展覧会スケジュール
・読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記
墨 222号 の表紙画像

[大きい画像を開く]921441
墨 222号
2013/05/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447921441

特集----------------------------------------

横形式の達人になる! 漢字 横形式の鉄則

鑑賞1●近現代作家が織りなす横形式の書 選・解説/菅原教夫
論考1●意先筆後の交響 横形式の作品をめぐって 文/菅原教夫
レッスン1●楷書を書く 講師/藤岡都逕
レッスン2●行草書を書く 講師/山本大悦
レッスン3●隷書・篆書を書く 講師/西村東軒
特別鑑賞●〈翰墨の縁・番外編〉 ”書の縁”を通して学び・味わう 横披の魅力 企画協力/静妙軒
鑑賞2●明清の書に学ぶ横形式の極意 選・解説/中村史朗
論考2●横形式の歴史的変遷 文/中村史朗

新連載----------------------------------------

・もぐら・もぐら──もぐら庵の印彫り日記1

連載----------------------------------------

・書語辞典28 文/伊藤文生
・翰墨の縁34“梁ケンと梁同書”
・ギャラリー「枳楊府君闕」
・日本の金石文4 銘 序を并す 文/財前 謙
・ペン字で古典を学ぶ6 孫過庭「書譜」 講師/鈴木啓水
・書論通観14 黄庭堅『山谷題跋』 文/松村茂樹
・もじ笑う15 峠の春 文/石田 千 コラージュ/佐々木美穂
・書に関するへそ曲がり随想28 文/堀 久夫
・IKKOの50の手習い 指導/金敷駸房
・書は人なり25 頼三樹三郎の書 文/廣瀬保雄
・碑法帖存疑22 停雲館帖考(中) 文/伊藤 滋
・恥は書き捨て3 「王羲之の行書に挑戦」の巻 文/酒井順子
・講座・筆跡鑑定入門【番外編】 《対談》もう、科捜研にまかせられない! 前編 魚住和晃×神谷信行
・帝王学の書相10 蒋介石──東アジアの伝統文化と近現代 文/松宮貴之
・実録!書写書道教育5 千葉県立袖ヶ浦高等学校
・ちまたで人気の書道教室3
・中国”書”的旅のススメ51 文/種谷萬城

トピックス----------------------------------------

◆スポット
・青山杉雨へのプレゼント 楊思勝
・大知会、第一回書展開催
・大学受験のZ会が、書道事業に乗り出す

◆レポート
・大学卒展特集 関東・関西編
・講演会・学び続けていける社会の構築──生涯学習としての書を中心として
・第6回東京中央オークション
・第16回「國井誠海賞」受賞者決定

◆インフォメーション
・第6回「墨」評論賞募集 審査/石川九楊
・ギャラリー案内「FEI ART MUSEUM YOKOHAMA」

◆読者参加企画
・楷書作品募集 審査/藤岡都逕
・行草書作品募集 審査/山本大悦
・隷書・篆書作品募集 審査/西村東軒
・221号作品募集結果発表 審査/宮負丁香

展覧会----------------------------------------

●プレビュー
・夏目漱石の美術世界展

●話題の展覧会
・高田香坡書法展
・石原太流書展
・第53回 日本書作院展
・書道コウ幽会八人展
・第60回記念 朝聞書展
・公募 東京書作展 選抜作家展2013
・’12玄土社書展

●話題の書道展より
・第35回 青潮書道会全国展
・第41回 公募書道一元會展
・第19回 東京水穂会書展
・第42回 凌雲選抜書展
・第66回 書道芸術院展
・第9回 笹波会代表一〇〇人展─リズムを求めて─
・第50回記念 莞耿社書道展
・第53回 現日春季書展
・第41回 國際書道連盟展
・第49回 創玄展
・第75回記念 酔墨書展
・第75回 謙慎書道会展

墨らんだむ----------------------------------------

・視点・田宮文平
・書道通信
・コラム 墨手箱
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・5・6月の展覧会スケジュール
・読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記

墨 221号 の表紙画像

[大きい画像を開く]904412
墨 221号
2013/03/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447904412

特集----------------------------------------

わたしの人生訓・座右の銘
──人生を豊かにする言葉を書こう!

鑑賞●書家が書く わたしの人生訓・座右の銘
赤井清美・浅見錦龍・有岡シュン崖・安藤豐邨・石川芳雲・石飛博光・伊藤一翔・今川鴎洞・岩浅写心・江口大象・大井錦亭・恩地春洋・河野 隆・杭迫柏樹・小島 寿・師村妙石・鈴木まつ子・砂本杏花・添田耕心・高橋里江・辻元大雲・土橋靖子・中野北溟・原田歴鄭・福光幽石・船本芳雲・村上俄山・室井玄聳・柳 碧蘚・山中翠谷・吉澤石琥・渡邉東龍
コラム●心安らぐ「仏教」の中の名言 文/荒木大樹
コラム●魂を揺さぶる「文学」の中の名言 文/槍田朝雨
レッスン●言葉を贈ろう! 色紙に書く座右の銘 講師/宮負丁香
ピックアップ●文化人・経済界のトップが書く「人生訓・座右の銘」
宮田亮平・箱島信一・中島千波・小澤三敏・吉田加南子・足立吉正・アーサー・ビナード・江本寛治・羽山 明・松下正幸・濱崎泰行
クローズアップ●本屋さんに聞きました! “座右の銘”“名言集”の棚 売れ筋&おすすめ本 代官山蔦屋書店・丸善 丸の内本店

新連載----------------------------------------

・IKKOの50の手習い 指導/金敷駸房

連載----------------------------------------

・書語辞典27 文/伊藤文生
・書に関するへそ曲がり随想27 文/堀 久夫
・翰墨の縁34 “劉福姚と袁励准”
・書は人なり24 吉田松陰の書 文/廣瀬保雄
・碑法帖存疑21 停雲館帖考(上) 文/伊藤 滋
・講座・筆跡鑑定入門 最終回 待たれる筆跡学会の立ち上げ 文/魚住和晃
・ペン字で古典を学ぶ5 蘇慈墓誌銘 講師/鈴木啓水
・日本の金石文3 暦 文/財前 謙
・書論通観13 陸羽「唐僧懐素伝」 文/松村茂樹
・ギャラリー「嘉祐石経」
・帝王学の書相9 藤原行成──東アジア共通語「白楽天詩」の美 文/松宮貴之
・もじ笑う14 御気持ち 文/石田 千 コラージュ/佐々木美穂
・恥は書き捨て2 般若心経を写経の巻 文/酒井順子
・実録!書写書道教育4 公文LIL
・ちまたで人気の書道教室2 
・中国”書”的旅のススメ50 文/種谷萬城

トピックス----------------------------------------

◆特別寄稿
・佐藤真令翁を悼む 文/関口研二

◆レポート
・田黄産地の現況と朝市(寿山石市場)
・第18回全日本高等学校書道コンクール審査結果発表

◆インフォメーション
・第6回「墨」評論賞募集 審査/石川九楊

◆読者参加企画
・色紙に書く「座右の銘」作品募集 審査/宮負丁香
・220号作品募集結果発表 審査/田頭一舟・下谷洋子

展覧会----------------------------------------

●プレビュー
・第13回 扶桑印社展
・第2回 熊坂大地書展
・会員第40回・公募第26回 翠煌会書展
・第10回 醜美舎展

●話題の展覧会
・生誕百年・赤羽雲庭展
・第57回 現代書道二十人展
・現代の書 新春展
・毎日現代書関西代表作家展
・第27回 産経国際書会代表展
・第32回 選抜香瓔百十人展
・第30回記念 白峰社書展
・第25回記念 国際架橋書展
・第6回 清真書道會展
・TOKYO書2013 公募展の今
・第30回記念 古典臨書展

●話題の書道展より
・第64回 正筆展 
・第44回 正筆会菁華書作展
・第41回 鶏聲展
・第45回 新書派協会展
・第48回 群象書人展
・第61回 独立書展
・平成25年 瑞雲春秋展
・第13回 臨池会新春展
・第54回 東京書道会展

墨らんだむ----------------------------------------
・視点・田宮文平
・書道通信
・コラム 墨手箱
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・3・4月の展覧会スケジュール
・読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記

墨 220号 の表紙画像

[大きい画像を開く]882223
墨 220号
2012/12/28 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447882223

特集----------------------------------------

和の粋「散らし書き」

新春特別インタビュー●小山やす子
論考●和の粋──「散らし書き」にみる美の特性 文/萱のり子
鑑賞1●かな作家十名による競演──現代の散らし書き
大石三世子・佐伯華水・佐伯方舟・原 奈緒美・日比野 実・舟尾圭碩・三宅相舟・宮崎紫光・森川星葉・山根亙清
レッスン1●「散らし書き」マスター術──扇面・色紙 講師/田頭一舟
レッスン2●「散らし書き」マスター術──半懐紙 講師/下谷洋子
鑑賞2●めくる喜び──「冊子」で散らし書き 村上翠亭「かみ紙(枕草子)」
アンケート●心に残る散らし書き作品
阿部朱昂・岩永栖邨・遠藤枝芳・大西きくゑ・鎌田悠紀子・上林三玲・桟敷東石・島田雨城・清水透石・寺岡棠舟・土岐妍子・中田佳子・福地桂玉・前島泉洲・山本高邨・吉川美恵子・米本一幸・渡辺墨仙
コラム●日常の風景にみる「散らし書き」
資料●今すぐ使える! 変体仮名一覧表

企画----------------------------------------

・第44回 日展 第5科・書
・第5回「墨」評論賞審査結果発表

新連載----------------------------------------

・恥は書き捨て1 人生初臨書練習の巻 文/酒井順子
・ちまたで人気の書道教室1

連載----------------------------------------

・書語辞典26 文/伊藤文生
・書に関するへそ曲がり随想26 文/堀 久夫
・書論通観12 張懐カン「文字論」 文/松村茂樹
・「現代の書」の検証 忘れ得ぬ書人たち14 金子卓義 文/田宮文平
・ギャラリー「定武蘭亭序・旧拓本」
・翰墨の縁33 “蕭親王と溥儒”
・もじ笑う13 冬ごもり 文/石田 千 コラージュ/佐々木美穂
・碑法帖存疑20 「楊守敬が将来した碑刻拓本一万数千点とは?」 文/伊藤 滋
・講座・筆跡鑑定入門11 筆跡鑑定のセンス 文/魚住和晃
・ペン字で古典を学ぶ4 鍾ヨウ「薦季直表」 講師/鈴木啓水
・日本の金石文2 彼の岸へ 文/財前 謙
・日本の書文化 最終回 最小の気品の書が日本文化を蘇らせる 文/松岡正剛
・帝王学の書相8 顔真卿──漢魂の調べ 文/松宮貴之
・書は人なり23 光陰迅速──林則徐の書 文/廣瀬保雄
・中国”書”的旅のススメ49 文/種谷萬城

トピックス----------------------------------------

◆新春吉例
・新年名刺交換会

◆寄稿
・安國旧蔵北宋拓石鼓文 文/李志賢
・書道界活性化への提言──「断絶」と「分離」から融合へ 文/伊藤文生

◆レポート
・東京中央オークション 総括 2012年
・東京中央オークション「第2回珍蔵オークション」

◆インフォメーション
・第6回「墨」評論賞募集

◆読者参加企画
・散らし書き作品募集(扇面・色紙) 審査/田頭一舟
・散らし書き作品募集(半懐紙) 審査/下谷洋子
・219号作品募集結果発表 審査/河内君平

展覧会----------------------------------------

●プレビュー
・追悼・生誕100年杉岡華邨展
・特別展「書聖・王羲之」
・第62回 書道學會展
・幕田魁心の書──白を斬る──
・第1回 長谷川華萌展
・第44回 魁心書法院展

●話題の展覧会
・鎌倉期の宸筆と名筆──皇室の文庫から
・第46回公募 天真全国書道展 特別企画 甫田鵄川米寿記念展──素直で深みのある線条美──
・第1回 轟友会展
・第50回記念 日書家展
・第34回 東西書展

●話題の書道展より
・第74回 酔墨書展
・第46回 墨彩会書展
・第34回 日本書展/第39回 銀河書道作品展
・第61回 奎星展
・第46回 心象書展--みんなで花を咲かせよう--
・第34回 翠心会書展
・第73回 千草会書展
・第29回 日本書道院選抜展

墨らんだむ----------------------------------------
・視点・田宮文平
・書道通信
・コラム 墨手箱
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・1・2月の展覧会スケジュール
・読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記
墨 219号 の表紙画像

[大きい画像を開く]860407
墨 219号
2012/11/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447860407

特集----------------------------------------

ビジュアル 五体墨場必携 名言名句を書く

鑑賞1●先人の書が伝える 名言名句の味わい
エッセイ●名言名句の魅力 ─中国の賢人たちの言葉を読む─
鑑賞2●現代書家12名による書き下ろし 名言名句を書く
赤平泰処・有岡シュン崖・石田雲鶴・石飛博光・柿下木冠・小林逸光・
鈴木静村・関口春芳・田中鳳柳・新谷泰鵬・松本鉞生・水川舟芳
レッスン●名言名句を書いてみよう 講師/河内君平
アンケート●現代書家12名に聞きました ──題材選びと作品づくりの秘訣
資料●出典ノート

企画---------------------------------------

吉例 巳年の年賀状 

新連載---------------------------------------

・日本の金石文1 道の幸 文/財前 謙

連載---------------------------------------

・書語辞典25 文/伊藤文生
・書に関するへそ曲がり随想25 文/堀 久夫
・書論通観11 徐浩「論書」 文/松村茂樹
・ギャラリー『三老趙寛碑』整拓本
・「現代の書」の検証 忘れ得ぬ書人たち 13 大溪洗耳 文/田宮文平
・翰墨の縁32 “易孺とトウ尓雅”
・もじ笑う12 秋の散歩 文/石田 千 コラージュ/佐々木美穂
・碑法帖存疑19 「京大人文研石刻資料データベース考(続)」 文/伊藤 滋
・講座・筆跡鑑定入門10 筆跡鑑定がサスペンスに 文/魚住和晃
・ペン字で書の古典を学ぶ3 智永「真草千字文」 講師/鈴木啓水
・書は人なり22 孤城――黄道周の書 文/廣瀬保雄
・実録!書写書道教育3 安田女子大学
・帝王学の書相7 法隆寺釈迦三尊像光背銘──日蝕の書 文/松宮貴之
・中国”書”的旅のススメ48 文/種谷萬城

トピックス------------------------------------

◆寄稿
・書の旅 続・山東省編 文/高澤浩一
・「ありのままの書」を求めて 文/稲葉秀朗

◆レポート
・第13回日中蘭亭書法交流湖北展
・第5回東京中央オークション

◆インフォメーション
・「墨」編集部からのお願い
・書の四季カレンダー好評発売中!

◆読者参加企画
・半切作品募集 審査/河内君平
・218号作品募集結果発表 審査/吉川蕉仙・柳澤朱篁・永守蒼穹・佐川倩崖

展覧会------------------------------------

●プレビュー
・卒寿記念 高木聖鶴書展
・書聖・中林梧竹 不朽の書

●話題の展覧会
・「尚意競艶――宋時代の書」
・遺墨 加藤大碩の世界展/加藤 裕 書展
・第20回臨書と自由書 作品コンクール
・第29回 読売書法展

●話題の書道展より
・第62回 玉信書展
・第47回 官公書展
・第52回 現日書展
・第60回記念 書星展
・第52回 白扇書道会展
・第73回 国際文化交流 大日本書芸院展
・第56回 凌雲書展 
・第29回 全国公募 日本綜合書作院展

墨 218号 の表紙画像

[大きい画像を開く]836668
墨 218号
2012/09/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447836668

特集----------------------------------------

誌上「臨書」大錬成会──楷書編

導入●開催にあたって
錬成会1●王羲之 黄庭経 講師/吉川蕉仙
錬成会2●鍾ヨウ 薦季直表 講師/柳澤朱篁
錬成会3●チョ遂良 雁塔聖教序 講師/宮崎葵光
錬成会4●柳公権 玄秘塔碑 講師/永守蒼穹
錬成会5●牛ケツ造像記 講師/佐川倩崖
コラム●知っておきたい楷書の基礎知識1~4 文/池田毓仁
読者アンケート●みんなの錬成会体験談

連載---------------------------------------

・書語辞典24 文/伊藤文生
・「現代の書」の検証 忘れ得ぬ書人たち 12 杉岡華邨 文/田宮文平
・翰墨の縁31 “孫ケイと張克和”
・ギャラリー「《雁塔聖教序記》明拓整本」
・碑法帖存疑18 「京大人文研石刻資料データベース考」 文/伊藤 滋
・もじ笑う11 Tシャツ 文/石田 千 コラージュ/佐々木美穂
・講座・筆跡鑑定入門9 筆跡鑑定のデジタル化 文/魚住和晃
・ペン字で古典を学ぶ2 高野切第三種 講師/鈴木啓水
・書に関するへそ曲がり随想24 文/堀 久夫
・書論通観10 梁・武帝「観鍾ヨウ書法十二意」 文/松村茂樹
・街を歩けば漢字にあたる 最終回 神保町古書店街 文/円満字二郎
・書は人なり21 名月──池大雅の書 文/廣瀬保雄
・帝王学の書相6 毛沢東──長征の書 文/松宮貴之
・中国”書”的旅のススメ47 文/種谷萬城

トピックス------------------------------------

◆レポート
・西レイ印社 春季オークション開催
・中華人民共和国駐新潟総領事館が、三条市に中国風東屋と流觴曲水座石を寄贈

◆インフォメーション
・「墨」編集部からのお願い

◆読者参加企画
・黄庭経・半紙作品募集 審査/吉川蕉仙
・薦季直表・半紙作品募集 審査/柳澤朱篁
・玄秘塔碑・半紙作品募集 審査/永守蒼穹
・牛ケツ造像記・半紙作品募集 審査/佐川倩崖
・217号募集結果発表 審査/高木聖雨・池田龍仙

展覧会------------------------------------

●プレビュー
・米寿記念 古谷蒼韻展
・書のときめき’12 井上一光展
・第9回 中日・日中古墨書道展
・第60回記念 無心会書展

●話題の展覧会
・創立100周年記念 第47回 瑞雲展 特別出品 豊道春海
・第50回水穂書展特別展示「日比野五鳳─創設者に学ぶ─」
・武士桑風と書の挑戦
・日本の書展
・第64回 毎日書道展
・第29回 産経国際書展
・第20回記念 国際架橋書会選抜展
・第7回 たく輪書作展

●話題の書道展より
・第50回 水穂書展
・寒玉書道会 第8回選抜展
・第26回 玄心書道展
・第51回 文鳳會展
・第52回 墨滴会全国書展
・第10回 滴仙会書法展
・第26回 書道 玄燿展
・第68回 鳳雛書展
・第43回 千紫会万紅展

墨 217号 の表紙画像

[大きい画像を開く]812236
墨 217号
2012/06/30 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447812236

特集----------------------------------------

あなたも書ける!
「少字数書」(2字・3字・4字) 制作のイロハ

鑑賞1●学芸員の“眼”──少字数の書の名品 選・文/笠嶋忠幸・隅田英二・高橋利郎・鍋島稲子
ガイダンス●百花繚乱の「少字数」 文/田宮文平
レッスン1●あなたも書ける!「少字数」作品 楷・篆・隷書編 講師/高木聖雨
レッスン2●あなたも書ける!「少字数」作品 行草書編 講師/池田龍仙
資料●今すぐ書ける!少字数「古典名跡墨場必携」 監修/尾川明穂
論考●中国の“少字数書法”について 文/張永強
クローズアップ●飾る!少字数――インテリアの書
コラム●篆刻と少字数 文/蓑毛个庵
資料●珠玉のことば集100 選定・文/蓑毛个庵

新連載------------------------------------

・ペン字で古典を学ぶ1 王羲之「集王聖教序」 講師/鈴木啓水

連載---------------------------------------

・書語辞典23 文/伊藤文生
・「現代の書」の検証 忘れ得ぬ書人たち 11 近藤摂南 文/田宮文平
・書論通観9 虞カ「論書表」 文/松村茂樹
・ギャラリー「郭沫若 題詩」
・翰墨の縁30 “徐文鏡と容庚”
・もじ笑う9 あたらしい芯 文/石田 千 コラージュ/佐々木美穂
・碑法帖存疑17 「小磚塔銘『程夫人塔銘』考」 文/伊藤 滋
・講座・筆跡鑑定入門8 狭山裁判の怪 文/魚住和晃
・書に関するへそ曲がり随想23 文/堀 久夫
・帝王学の書相5 尊円親王──皇統書道入門 文/松宮貴之
・実録! 書写・書道教育2 大東文化大学附属青桐幼稚園
・日本の書文化51 「幕末三筆を鳴鶴・湖南から見る」 文/松岡正剛
・書は人なり20 啼鳥──祝允明の書 文/廣瀬保雄
・街を歩けば漢字にあたる11 上野恩賜公園 文/円満字二郎
・中国”書”的旅のススメ46 文/種谷萬城

トピックス------------------------------------

◆特別寄稿
・お市の方の自筆と思われる手紙について 文/増田 孝
◆レポート
・梧竹・蒼海顕彰 第20回記念佐賀県書道展 初の公開審査を実施
・生誕130周年記念「川村驥山展」
・書業50年 柴山抱海書展/第40回記念 山陰書人社展
◆スポット
・特別展「青山杉雨の眼と書」
・東京中央オークション「第1回珍蔵オークション」
・第60回 回瀾書展が開催
◆インフォメーション
・第5回「墨」評論賞募集要項
◆読者参加企画
・楷・篆・隷書の少字数作品募集  審査/高木聖雨
・行草書の少字数作品募集 審査/池田龍仙
・216号作品募集結果発表 審査/有岡シュン崖・明石聴濤

展覧会------------------------------------

●話題の展覧会
・近藤摂南遺墨展
・古稀記念 尾崎蒼石書展 篆刻・書画の世界
・坂本秀翠書展
・坂崎幸之助書写真展
・古稀記念 小林翠径書展
・第2回 大八木雅山個展「雅山展」
・金文會書展
・2012日本書芸院展
・第61回 日本書道院「華甲」展
・第1回 寄鶴文社展

●話題の書道展より
・第58回 栴檀社書展
・第35回 官公書連役員展
・第20回 青丹会書展──「万葉─はなのうた」を書く──
・第72回 龍門社書展
・第43回 臨地会書展
・第34回 翠心三十八人展
・第41回 日書学同人展
・第36回 書道笹波会展
・第36回 由源展

墨 216号 の表紙画像

[大きい画像を開く]783212
墨 216号
2012/05/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447783212

特集----------------------------------------

差がつく!「行書」実力養成 集中講座

鑑賞1●こう見る! 蘭亭序 吉川蕉仙・江口大象・大井錦亭
インタビュー●平安古筆から遡る 原点としての王羲之 黒田賢一
レッスン1●王羲之「興福寺断碑」を書く 講師/有岡シュン崖
レッスン2●米フツの行書を書く 講師/明石聴濤
鑑賞2●現代書家による書き下ろし行書作品
伊藤一翔・加藤子華・土井汲泉・三岡天邑・吉澤鐵之
論考1●書法の継承からみる行書 文/中村史朗
論考2●囚われのない清澄──墨蹟と行書 文/財前 謙
鑑賞3●幻の名品「高延福墓誌」 文/伊藤 滋
ピックアップ●差がつく! お手本いろいろ
クローズアップ●ペン字講座 季節の手紙を「美しい行書」でつづる 講師/鈴木啓水
コラム●フェミニンな時代意識が促す行書体フォントの多様な展開 文/臼田捷治

新連載------------------------------------

・実録! 書写・書道教育 第1回 大学が手掛ける児童教育──帝京大学より

連載---------------------------------------

・「現代の書」の検証 忘れ得ぬ書人たち 10 中島司有 文/田宮文平
・翰墨の縁29 “孫荘と金梁”
・ギャラリー「司馬景和妻孟敬訓墓誌」
・もじ笑う9 御餞別 文/石田 千 コラージュ/佐々木美穂
・碑法帖存疑16 『王居士磚塔銘』出土初拓本考(二) 文/伊藤 滋
・講座・筆跡鑑定入門7 鑑定手順の原則とは何か 文/魚住和晃
・書は人なり19 則天去私――夏目漱石の書 文/廣瀬保雄
・書語辞典22 文/伊藤文生
・書に関するへそ曲がり随想22  文/堀 久夫
・帝王学の書相4 朱熹──朱子学、思索の軌跡 文/松宮貴之
・街を歩けば漢字にあたる10 品川宿周辺 文/円満字二郎
・中国”書”的旅のススメ45 文/種谷萬城

トピックス------------------------------------

◆追悼
・杉岡華邨氏逝く
◆書論の広場
・九九翁了廬の春──古筆鑑定家「恒川家資料」から── 文/松本文子
◆レポート
・大学卒展見てある記--関東編
・生誕130周年記念「川村驥山展」
◆スポット
・特別展「青山杉雨の眼と書」展
・第4回東京中央オークション
・石井誠氏が「第7回手島右卿賞」受賞
・第15回「國井誠海賞」受賞者決まる
・書法用語辞典
◆インフォメーション
・第5回「墨」評論賞募集要項
◆読者参加企画
・王羲之臨書作品募集 審査/有岡シュン崖
・米フツ臨書作品募集 審査/明石聴濤
・215号作品募集結果発表 審査/柳 碧蘚

展覧会------------------------------------

●話題の展覧会
・榎倉香邨の書──牧水のあくがれ──
・浅見錦龍卆壽展
・第30回記念 村上俄山書作展
・井野吟紅書展
・河村和子書展
・第52回 日本書作院展
・開館30周年記念 村上華岳展
・2012 陶とかりぐらふぃ展
・田邉古邨遺作展
・齋藤龍川書展──書の教育と表現の軌跡
・日本の書相
・中村不折コレクション「書のおてほん」
・第27回 毎日現代書関西代表作家展
・第65回記念 書道芸術院展
・公募 東京書作展 選抜作家展2012
・’11玄土社書展

●話題の書道展より
・第34回 青潮書道会全国展
・創立40周年記念 第40回 公募書道一元會展
・第59回 朝聞書展
・第41回 凌雲選抜書展
・第52回 現日選抜書展
・第40回記念 國際書道連盟展
・第74回 謙慎書道会展
・第48回 創玄展


墨 215号 の表紙画像

[大きい画像を開く]755788
墨 215号
2012/03/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447755788

特集----------------------------------------

変わりゆく
現代“墨”事情──固形墨&液体墨

フォトリポート●探訪 奈良の都の墨づくり 古梅園・墨運堂・呉竹
墨色講座●黒の冴えを追求する 講師/杭迫柏樹
取材リポート●どこまでひろがる? 液体墨の需要──開明の墨汁づくりは今
周辺リポート●表具店に聞く! 墨と表具について
ピックアップ●「墨彩」は、魔物か──戦後書の表現を検証する 文/田宮文平
レッスン●はじめての淡墨 指導/柳 碧蘚
アンケート●プロ41人にきく! 固形墨と液体墨、どちらを愛用していますか?
現場リポート●書道ガールズ“墨”事情
コラム●墨の歴史/墨を楽しむ道具/磨墨の哲学
Q&A●もっと知りたい固形墨&液体墨

連載---------------------------------------

・書語辞典21 文/伊藤文生
・「現代の書」の検証 忘れ得ぬ書人たち9 今井凌雪 文/田宮文平
・落ち穂ひろい 最終回 完璧 文/外山滋比古
・書に関するへそ曲がり随想21 文/堀 久夫
・書論通観8 呉昌碩「臨石鼓文全文跋」 文/松村茂樹
・書は人なり18 座右の銘──王寵の書 文/廣瀬保雄
・翰墨の縁28 “葉銘と王シ”
・もじ笑う7 創造のアルファベット 文/石田 千 コラージュ/佐々木美穂
・ギャラリー「梧竹堂法帖・興福寺断碑」
・講座・筆跡鑑定入門6 一澤帆布御家騒動の教訓〈3〉 文/魚住和晃
・碑法帖存疑15 『王居士磚塔銘』出土初拓本考 文/伊藤 滋
・帝王学の書相3 光明皇后──鎮魂歌「楽毅論」 文/松宮貴之
・水茎は語る 最終回 良寛の楷書 文/小川貴史
・街を歩けば漢字にあたる9 石神井公園 文/円満字二郎
・中国”書”的旅のススメ44 文/種谷萬城

トピックス------------------------------------

◆書論の広場
・董其昌の「天真爛〓」──その由来と、彼の書論における位置について 文/尾川明穂
◆SPOT
・石飛博光氏 第53回毎日芸術賞受賞
・石川九楊氏の著作が英訳出版
◆レポート
・2011 第4回釜山書芸ビエンナーレ
・千二百年の伝統──蘇る「巻筆」と筆文科の伝承
・国際シンポジウム報告記「文字の宇宙──かたちの意味、意味のかたち──」 文/萱のり子
・第2回きみつ書道まつり
・第17回全日本高等学校書道コンクール審査結果発表
◆インフォメーション
・第4回「墨」評論賞授賞式開催
・第5回「墨」評論賞募集要項
◆読者参加企画
・214号作品募集結果発表 審査/石飛博光・岩永栖邨

展覧会------------------------------------

●プレビュー
・第12回 扶桑印社展
・第61回 書道学会展
・玄土社古典臨模30年記念東京展
・第9回 醜美舎展
●話題の展覧会
・石橋犀水書簡展
・古筆手鑑──国宝『見努世友』と『藻塩草』
・第56回 現代書道二十人展
・劉蒼居遺墨展
・遠藤雨山遺墨展
・第56回 現代書道二十人展
・現代の書 新春展
・毎日現代書関西代表作家展
・第26回 産経国際書会代表展
・第60回記念 独立書展
・第31回 香瓔選抜百二十人展──白を追う
・第24回 国際架橋書展
・第29回 古典臨書展
・第15回記念 蒼泉会書展
●話題の書道展より
・第40回 鶏聲展
・第63回 正筆展
・第43回 正筆会菁華書作展
・第44回 新書派協会展
・第47回 群象書人展
・第12回 臨池会新春展
・平成24年 瑞雲春秋展

墨 214号 の表紙画像

[大きい画像を開く]733460
墨 214号
2011/12/29 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447733460

特集----------------------------------------

The 三筆──各時代の「能書ベスト3」

かるた●The 三筆 書道ものがたり 絵/岡田 潤
ガイダンス●日本書道ものがたり 時代を画す三人 文/増田 孝
鑑賞●日本書道絵巻 解説/杉浦妙子・増田 孝
・三筆(空海・嵯峨天皇・橘逸勢)
・三蹟(小野道風・藤原佐理・藤原行成)
・三色紙(寸松庵色紙・継色紙・升色紙)
・寛永の三筆(松花堂昭乗・本阿弥光悦・近衛信尹)
・幕末の三筆(市河米庵・貫名菘翁・巻菱湖)
書論●和様の漢字 字形の話 文/北川博邦
レッスン●佐理を習う
・漢字として佐理をみる 講師/石飛博光
・かなとして佐理をみる 講師/岩永栖邨
コラム●三筆こぼればなし

特別掲載---------------------------------------

・第43回 日展 第5科・書

企画---------------------------------------

・「墨」U35作品賞 選考結果発表!
・第4回「墨」評論賞 選考結果発表!

連載---------------------------------------

・「現代の書」の検証 忘れ得ぬ書人たち 8 千代倉桜舟 文/田宮文平
・書は人なり17 克己復禮──塙保己一の書 文/廣瀬保雄
・書語辞典20 文/伊藤文生
・翰墨の縁27 “丁佛言と王献唐”
・書論通観7 王羲之『自論書』 文/松村茂樹
・ギャラリー『秦二世木量銅詔版』
・もじ笑う7 万年筆 文/石田千 コラージュ/佐々木美穂
・碑法帖存疑14 敦煌出土『温泉銘』過眼記 文/伊藤 滋
・講座・筆跡鑑定入門5 文/魚住和晃
・近代人の履歴”書” 【最終回】南方熊楠 文/仁和歳治
・書に関するへそ曲がり随想20 文/堀 久夫
・水茎は語る5 富岡鉄斎の年賀状 文/小川貴史
・落ち穂ひろい4 掉尾型・竜頭型 文/外山滋比古
・日本の書文化50 「俗を用いて俗を離れる文人書」 文/松岡正剛
・帝王学の書相2 王羲之──祝詞「祓禊書」の新研究 文/松宮貴之
・街を歩けば漢字にあたる8 麹町近辺 文/円満字二郎
・中国”書”的旅のススメ43 文/種谷萬城

トピックス------------------------------------

◆受賞
・日比野光鳳氏─文化功労者へ
◆SPOT
・『墨』フェス閉幕
◆特別寄稿
・書の旅 中国西方編(下) 文/高澤浩一
◆読者参加企画
・213号作品募集結果発表 審査/岡田契雪
◆年賀
・新春名刺交換会

展覧会------------------------------------

●プレビュー
・遺墨展・書貌と風貌「野口白汀の字」
・朱昂の「林住期」展──阿部朱昂個展
・中根海童書展「書とメタファー」
・特別展「北京故宮博物院200選」
●話題の展覧会
・第25回西蓮會書展
・第20回記念 太源書道会展
・第33回 東西書展
・第25回記念 日本書道学士院展
・第1回 渡 露華展
・第42回 魁心書法院展
●話題の書道展より
・第73回 酔墨書展
・第45回 墨彩会書展
・第33回 日本書展/第38回 銀河書道作品展
・創立10周年記念 一先会選抜書展
・第45回記念 心象書展──書の古典の旅・坂村真民の世界──
・第72回 千草会書展
・第33回 翠心会書展

墨 213号 の表紙画像

[大きい画像を開く]710156
墨 213号
2011/11/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447710156

特集----------------------------------------

ビジュアル 五体 墨場必携
──漢詩を書く

鑑賞1●漢詩とともに味わう先人の書
インタビュー●漢詩を書く極意とは? ~漢詩作品の表現と制作のポイントを探る~ 杭迫柏樹
レッスン●行草書で漢詩を書いてみよう 講師/岡田契雪
鑑賞2●現代作家12名による書き下ろし──漢詩と名言・名句
伊織蘇峰・石川芳雲・川嶋毛古・鬼頭翔雲・小原道城・茅原南龍
西村東軒・長谷川白楊・森嶋隆鳳・柳 碧蘚・山本大悦・吉澤鐵之
アンケート●現代書家12名に聞きました──題材選びと作品づくりの秘訣
エッセイ●漢詩自詠の楽しみ
安藤豊邨・石川芳雲・風岡五城・吉澤鐵之
資料●作者小伝

企画---------------------------------------

吉例 辰年の年賀状

新連載-------------------------------------

・帝王学の書相1 副島種臣──詩経外交の伝統 文/松宮貴之

連載---------------------------------------

・書語辞典19 文/伊藤文生
・「現代の書」の検証 忘れ得ぬ書人たち7 飯島春敬 文/田宮文平
・印謎 〈最終回〉 文/綿貫明恆
・翰墨の縁26 “呉咨と黄賓虹”
・ギャラリー『重刻汪中本蘭亭序』
・書は人なり16 安心室──翁方綱の書 文/廣瀬保雄
・もじ笑う5 猫の手だより 文/石田千 コラージュ/佐々木美穂
・碑法帖存疑13 張伯英旧蔵『明拓張猛龍碑』考 文/伊藤 滋
・50年の回顧〈最終回〉セン盧先生印存と昭和蘭亭記念展 文/西嶋慎一
・近代人の履歴”書”5 新島八重 文/仁和歳治
・書に関するへそ曲がり随想19 文/堀 久夫
・講座・筆跡鑑定入門4 文/魚住和晃
・落ち穂ひろい3 模倣・変奏・自由 文/外山滋比古
・日本の書文化49 「文人墨客ネットワークの意義」 文/松岡正剛
・書論通観6 衛恒『四体書勢』 文/松村茂樹
・水茎は語る4 會津八一の書簡 文/小川貴史
・街を歩けば漢字にあたる7 池袋東口 文/円満字二郎
・中国”書”的旅のススメ42 文/種谷萬城

トピックス---------------------------------

◆特別寄稿
・書の旅 中国西方編(上) 文/高澤浩一
◆SPOT
・東日本の子どもたちのメッセージ展開催
・第3回東京中央オークション
・書の四季カレンダー発売中
◆レポート
・第12回日本蘭亭書法交流安徽展
・2011第8回世界書芸全北ビエンナーレ
◆読者参加企画
・行草書の半切作品募集 審査/岡田契雪
・212号作品募集結果発表 審査/三岡天邑

展覧会------------------------------------

●プレビュー
・小名木東邨遺墨展
・米寿記念─稲村雲洞 喜悦の時空展
・田中豪元書展
・第34回大琳書道会展─荒金大琳と仲間たちの書
・墨表現不二’11 書展
・昭和47年度卒業 大東文化大学OB同期会書展・同時開催『墨』フェス!
●話題の展覧会
・槍田朝雨書展─鎭魂─
・黄君実書画展
・遠藤乾翠の今日 in KARUIZAWA
・第28回 読売書法展
・日本書道院 創立60周年記念 代表作家小品展
●話題の書道展より
・第51回 現日書展
・第61回 玉信書展
・第46回 官公書展
・第53回 東京書道会展
・第55回記念 凌雲書展
・第59回 無心会書展
・第28回 全国公募 日本綜合書作院展

墨 212号 の表紙画像

[大きい画像を開く]687088
墨 212号
2011/09/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447687088


特集----------------------------------------

超絶技巧
“巨腕”の行草書テクニシャンたちの秘技に迫る!

序章●超絶孔雀物語
巻頭グラビア●これは見逃せない!! 台北故宮博物院「精彩100国宝総動員」展
評論●筆跡から読み解く超絶技巧の書─その魅力と謎─ 文/魚住和晃
ガイダンス●行草の超絶技巧をめぐる5つのQ&A 講師/有岡シュン崖
アンケート●超絶技巧とは? プロに聞いてみました
回答者/石川芳雲・大倉谷山・加藤子華・加藤東陽・川嶋毛古・高橋蒼石・茅原南龍・西墨濤・新谷泰鵬・丹羽蒼處・宮負丁香・吉澤石琥
超絶インタビュー●水墨の達人が語る テクニックと精神性 田渕俊夫
超絶レッスン●行草のテクニシャンから秘技を盗もう! 講師/三岡天邑
コラム1●超絶孔雀物語・外伝─孔雀筆のはなし─
コラム2●超絶孔雀物語・外伝─テクニシャンのはなし─

連載---------------------------------------

・書語辞典18 文/伊藤文生
・「現代の書」の検証 忘れ得ぬ書人たち 6 内田鶴雲 文/田宮文平
・書論通観5 趙壹『非草書』 文/松村茂樹
・書は人なり15 山内容堂の消息 文/廣瀬保雄
・翰墨の縁25 “曾煕と李瑞清”
・印謎5 文/綿貫明恆
・講座・筆跡鑑定入門3 文/魚住和晃
・もじ笑う5 夏の手紙 文/石田千 コラージュ/佐々木美穂
・めざせ!書道の達人 モンキッキーの魂の特訓【最終回】
・碑法帖存疑12 「中村不折旧蔵『宋拓少林寺戒壇銘』考」(下) 文/伊藤 滋
・近代人の履歴”書”4 新渡戸稲造 文/仁和歳治
・教えて先生!くらしの書【最終回】 講師/齊藤紫香 イラスト/川口澄子
・ギャラリー『皇甫度造石窟寺碑』
・落ち穂ひろい2 雑の美 文/外山滋比古
・50年の回顧11 コミュニケーション・ツールとしての書 文/西嶋慎一
・書とアートで”ものあはせ” 番外編 鼎談/財前 謙・嶋崎吉信・山本豊津
・水茎は語る3 會津八一の選んだ筆 文/小川貴史
・書に関するへそ曲がり随想18 文/堀 久夫
・ホープにアタック!【最終回】 文/南部真雪
・街を歩けば漢字にあたる6 門前仲町 文/円満字二郎
・中国”書”的旅のススメ41 文/種谷萬城

トピックス------------------------------------

◆スポット
・黒田賢一氏芸術院賞受賞
・東洋文庫が日本最大の本のミュージアムを開設
・昭和・平成、書の伝承。─大東文化大学・書の歴史展─
・日本詩文書作家協会 仙台展開催
◆特別寄稿
・黄州寒食詩巻私記 文/財前 謙
◆読者参加企画
・呉昌碩臨書・半紙作品募集 審査/三岡天邑
・211号作品募集結果発表 審査/伊藤一翔・互井佳寿
◆追悼
・追悼──今井凌雪氏

展覧会------------------------------------

●プレビュー
・第8回 日中友好古墨書道展
●話題の展覧会
・菊池翠汀書作展
・今川佳香 書と掛け軸の意匠展
・田中房州の書
・手島右卿 生誕110年記念展
・第39回 日本の書展
・第63回 毎日書道展
・第28回 産経国際書展
・第25回 白峰社役員書展
・第19回 国際架橋書会選抜展
●話題の書道展より
・第46回 瑞雲展
・第72回 国際文化交流 公益社団法人 大日本書芸院展
・寒玉書道会 第7回選抜展
・創立25周年記念 玄心書道展
・第63回 書道同文展
・第35回 書道笹波会展
・第51回 墨滴会全国書展
・第25回 玄燿展
・第9回 滴仙会書法展
・第49回 水穂書展
・第19回 新和様・漢字造型書作家協会 選抜展
・第50回 文鳳會展
・第42回 千紫会万紅展

墨 210号 の表紙画像

[大きい画像を開く]628111
墨 210号
2011/04/30 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447628111

特集-------------------------

「漢字かな交じり書」便利帳

導入●便利くんがご案内! 便利帳の使い方
鑑賞1●現代書家による漢字かな交じり書
加藤有鄰・杭迫柏樹・佐久間康之・砂本杏花・添田耕心・原田凍谷・宮本博志・村上俄山
レッスン●「漢字かな交じり書」実践講座──俳句・短歌から詩・童謡まで 講師/辻元大雲
クローズアップ●超大作制作の現場拝見 石飛博光
評論●調和体考──題材の問題を中心に 文/菅原教夫
鑑賞2●童謡・唱歌を書いてみよう 村上翠亭
インタビュー●「身体はことば奏でる楽器」 歌人・東直子
エッセイ●漢字かな交じりの書──私の場合 文/堀 久夫
鑑賞3●いま見つめ直したい 漢字かな交じりの書10選 選・文/財前 謙
調査●最新版 各書道団体の取り組み
コラム1●歌い継がれ、書かれ続ける──日本童謡の書展
コラム2●二十代が書く漢字かな交じり書
知識●早わかり 知っておきたい基礎知識
資料1●著作権フリーの作家便覧
資料2●便利くんがお答えします! 著作権のこと

緊急企画-------------------------

被災地におくる“はがきのメッセージ”

新連載-------------------------

・講座・筆跡鑑定入門 文/魚住和晃
・水茎は語る1 副島蒼海筆のいしぶみ 文/小川貴史

連載-------------------------

・書語辞典16 文/伊藤文生
・書は人なり13 伊藤仁斎の書 文/廣瀬保雄
・翰墨の縁22 “張問陶と馮敏昌”
・印謎3 文/綿貫明恆
・もじ笑う3 きらいの芽吹き 文/石田千 コラージュ/佐々木美穂
・書とアートで“ものあはせ”最終回 「面」 文/財前 謙・嶋崎吉信
・ギャラリー「劉平国治路頌」初拓本
・碑法帖存疑10「神龍半印本蘭亭序」刻本考 文/伊藤 滋
・近代人の履歴”書”2 榎本武揚 文/仁和歳治
・「現代の書」の検証 忘れ得ぬ書人たち4 徳野大空 文/田宮文平
・書論通観3 包世臣『芸舟双楫』 文/松村茂樹
・50年の回顧9 京都学派と白川静 文/西嶋慎一
・教えて先生!くらしの書4 講師/齊藤紫香 イラスト/川口澄子
・書に関するへそ曲がり随想16 文/堀 久夫
・ホープにアタック!4 文/南部真雪
・街を歩けば漢字にあたる4 目黒不動周辺 文/円満字二郎
・中国”書”的旅のススメ39 文/種谷萬城

トピックス-------------------------

◆レポート
・世界の文字・文字の世界──ケルンのワークショップ報告 文/萱のり子
◆SPOT
・何必館コレクション 近代藝術家乃書
・第2回東京中央オークション
・第14回国井誠海書奨励基金 受賞者決定!
◆インフォメーション
・芸術新聞社創立60周年『墨』創刊35周年記念 公募「墨」U35作品賞
・第4回「墨」評論賞募集要項
◆読者参加企画
・漢字かな交じり書の作品募集 審査/辻元大雲
・209号作品募集結果発表 審査/村松太子・吉澤鐵之

展覧会-------------------------

●話題の展覧会
喜寿記念 江口大象第八回書作展/第51回日本書作院展
二人展──秀島踏波・石原獨往/公募東京書作展 選抜作家展2011
’10玄土社書展
●話題の書道展より
第33回 青潮書道会全国展/第64回 書道芸術院展/第40回記念 凌雲選抜書展
第39回 公募書道一元會書展/第58回 朝聞書展/第51回 現日選抜書展
第17回 東京水穂会書展/第39回 國際書道連盟展/第47回 創玄展
第60回記念 奎星展/第73回 謙慎書道会展/創立60周年 第60回書道学会展

墨 209号 の表紙画像

[大きい画像を開く]601175
墨 209号
2011/03/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447601175

特集 「顔真卿」で線を鍛えよう!

導入● 知っておきたい! 基礎知識 監修/氣賀澤保規
インタビュー● 現代書家のことば 顔真卿の書の魅力とは 石飛博光・鈴木まつ子・星弘道
鑑賞● 明拓 争坐位稿 監修/伊藤滋
レッスン●1 「建中告身帖」「祭姪文稿」を学び、漢字書の倣書・創作に展開しよう 講師/村松太子
レッスン●2 「争坐位文稿」「裴将軍詩」を学び、漢字かな交じり書に展開しよう 講師/吉澤鐵之
知識● 顔真卿の書の複製について―法帖と影印ー 文・表/宮崎洋一
史料● 石刻史料からわかること 監修・文/氣賀澤保規
コラム● 顔法の影響と受容 中国書人篇、日本書人篇 文/編集部

新連載---------------------------------------
近代人の履歴”書” 1 伊藤博文 文/仁和歳治

連載---------------------------------------
・書語辞典15 文/伊藤文生
・書論通観2 阮元『南北書派論』 文/松村茂樹
・「現代の書」の検証 忘れ得ぬ書人たち3 大澤雅休・大澤竹胎 文/田宮文平
・書は人なり12 文/廣瀬保雄
・翰墨の縁22
・ギャラリー「陀羅尼神咒経幢」
・もじ笑う2 文/石田千 コラージュ/佐々木美穂
・書とアートで“ものあはせ” 5 「色」 文/財前 謙・嶋崎吉信
・めざせ!書道の達人 モンキッキーの魂の特訓4
・碑法帖存疑9「『石門頌』旧拓本考」 文/伊藤 滋
・老舗のご主人に聞く 栄豊斎
・50年の回顧8 文/西嶋慎一
・日本の書文化47 文/松岡正剛
・教えて先生!くらしの書3 講師/齊藤紫香、イラスト/川口澄子
・書に関するへそ曲がり随想 15 文/堀久夫
・ホープにアタック!3 文/南部真雪
・街を歩けば漢字にあたる3 新宿界隈 文/円満字二郎
・待ち合わせは、書のある空間で 最終回 文/南部真雪
・書くことの閾 最終回 井上有一(下)──芸術を「愚徹」する書 文/栗本高行
・中国”書”的旅のススメ37 文/種谷萬城

トピックス------------------------------------
◆SPOT 日本書學院創立50年
◆インフォメーション
・芸術新聞社創立60周年『墨』創刊35周年記念 公募「墨」U35作品賞
・第4回「墨」評論賞募集要項
・第3回「墨」評論賞授賞式開催
・第16回全日本高等学校書道コンクール審査結果発表

◆読者参加企画
・「建中告身帖」「祭姪文稿」臨書作品募集 審査/村松太子
・「争坐位稿」「裴将軍詩」臨書作品募集 審査/吉澤鐵之
・208号作品募集結果発表 審査/下谷洋子

展覧会------------------------------------
●プレビュー
扶桑印社展/第8回 醜美舎展
●話題の展覧会
大川清子書展/第55回 現代書道二十人展/現代の書 新春展
毎日現代書関西代表作家展/第30回 香瓔選抜展―表現の開拓―/第25回 産経国際書会代表展
第23回 国際架橋書展/第28回 古典臨書展

●話題の書道展より
第39回 鶏聲展/第62回 正筆展/第42回 正筆会菁華書作展
第43回 新書派協会展/第59回 独立書展/第46回 群象書人展
第11回 臨池会新春展/平成23年 瑞雲春秋展
墨 208号 の表紙画像

[大きい画像を開く]493486
墨 208号
2010/12/28 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447493486

◆開会宣言 巨匠からのメッセージ
高木聖鶴・日比野光鳳・榎倉香邨・小山やす子

◆至宝館 夢の競演 21世紀の古筆手鑑
東京国立博物館・根津美術館・五島美術館

◆資料館 かな古筆 べんり帖 監修/杉浦妙子

◆科学研究館 新しいかな書道史に向けて 文/池田和臣

◆体験ブース 古筆から基本用筆を学ぼう 講師/下谷洋子

◆言の葉の森 かなと日本の文化
吉田加南子・水原紫苑・山崎ナオコーラ・福永 信・加藤千恵・南 泰裕

◆歴史館 近現代かな書道の歴史を旅する 田宮文平

◆手業の広場 かな書を支える人の仕事場
表具師の仕事場・筆師の仕事場・料紙専門の店

◆憩いの泉 コラム1、コラム2

◆情報ステーション ニュース

企画 第3回「墨評論賞」選考結果発表!

新連載---------------------------------------
書論通観 1 文/松村茂樹
もじ笑う 1 文/石田千 コラージュ/佐々木美穂

連載---------------------------------------
書語辞典 14 文/伊藤文生
書に関するへそ曲がり随想 14 文/堀 久夫
書は人なり11 伊賀の春――松尾芭蕉の書 文/廣瀬保雄
「現代の書」の検証 忘れ得ぬ書人たち 2 松丸東魚 文/田宮文平
翰墨の縁21 “呉昌碩 ”
ギャラリー 「翁方綱 『寿』」
碑法帖存疑8『賈似道刻宣示表』の原石出現 文/伊藤 滋
めざせ!書道の達人 モンキッキーの魂の特訓3
書とアートで“ものあはせ” 4「空間」 文/財前 謙・嶋崎吉信
50年の回顧7 書道講座の編集 文/西嶋慎一
日本の書文化46 「唐様書の変遷と王羲之のゆらぎ」 文/松岡正剛
教えて先生!くらしの書 2講師/齊藤紫香 イラスト/川口澄子
ホープにアタック! 2 菊山武士 文/南部真雪
街を歩けば漢字にあたる 2 浅草界隈 文/円満字二郎
中国”書”的旅のススメ37 文/種谷萬城
書くことの閾 5 井上有一(上)──文字なき「作品」の季節 文/栗本高行
待ち合わせは、書のある空間で 14 文/南部真雪

トピックス------------------------------------
◆SPOT
王羲之の「平安帖」落札! 2010秋の嘉徳オークションにて
逸翁美術館 2011早春展 古筆と平安の和歌―料紙と書の美の世界―

◆インフォメーション
芸術新聞社創立60周年・『墨』創刊35周年記念 公募「墨」U35作品賞

◆読者参加企画
207号作品募集結果発表 審査/柳 濤雪・井谷五雲
新春名刺交換会

展覧会------------------------------------
●プレビュー
喜寿記念 墨仙のいま
東京学芸大学退任記念 加藤東陽書作展
第1回 田村杏華展
第40回 魁心書法院展

●話題の展覧会
福島一浩書作展/第20回日玄書展/第30回記念 青潮書道会役員展
近藤春湖の書/第32回東西書展

●話題の書道展より
第32回 日本書展・第37回 銀河書道作品展/第44回 墨彩会書展/第32回 翠心会書展
第71回 千草会書展/第27回 日本書道院選抜展

墨 207号 の表紙画像

[大きい画像を開く]443112
墨 207号
2010/11/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447443112

特集----------------------------------------

◆巻頭グラビア 先人たちの懐かしい年賀状
◆鑑賞1 現代篆刻家の卯年の年賀状
稲村龍谷、遠藤 彊、岡野楠亭、尾崎蒼石、笠井雋堂、師村妙石、小 朴圃、内藤富卿、真鍋井蛙、蓑毛个庵
◆レッスン1 吉語印で年賀状 講師/柳濤雪
◆レッスン2 干支印で年賀状 講師/井谷五雲
◆特別鑑賞 山田正平が刻した日夏耿之介自用印 監修・文/岩切誠
◆鑑賞2 吉語印・干支印・肖形印 選定・文/中野 遵
◆クローズアップ 住所印逍遥 文/中谷和玄
◆レポート 印刀づくりの鍛冶屋をたずねる 文/編集部
◆コラム 印箋でひと味違う年賀状づくり 文/編集部
◆エッセイ 十干十二支について 文/松枝 到
◆資料 卯・兎 集字帖

恒例企画-------------------------------------
つくって楽しい もらって嬉しい 卯年の年賀状

企画-------------------------------------------
「書道ブーム」はホント? 若者発信の書をどう見るか

新連載---------------------------------------
「現代の書」の検証 忘れ得ぬ書人たち 1 駒井鵞静 文/田宮文平
ホープにアタック! 1 金子大蔵 文/南部真雪
街を歩けば漢字にあたる 1 銀座通り
教えて先生!くらしの書 1 講師/齊藤紫香 イラスト/川口澄子

連載---------------------------------------

書語辞典 13 文/伊藤文生
中国”書”的旅のススメ35 文/種谷萬城
書にまつわるへそ曲がり随想 13 文/堀 久夫
書は人なり10 延及三従――慧政尼の書 文/廣瀬保雄
翰墨の縁20 “姜宸英と陳奕禧”
ギャラリー 「大和古印・但馬倉印」
碑法帖存疑7『集王聖教序碑』宋拓本考 文/伊藤 滋
書とアートで“ものあはせ” 3 「点」 文/財前 謙・嶋〓吉信
めざせ!書道の達人 モンキッキーの魂の特訓2
50年の回顧6 七人の侍事件 文/西嶋慎一
待ち合わせは、書のある空間で 13 文/南部真雪
書くことの閾 4 篠田桃紅──「幽微」な墨いろの面 文/栗本高行

トピックス------------------------------------
◆SPOT
篆刻美術館「松井如流展用印展」/センチュリーミュージアム 東京・早稲田にて活動再開
成田山書道美術館「歿後30年 中野越南展」/長野県佐久市近代美術館「現代書道の父 比田井天来」展

◆インタビュー 改定常用漢字表を機に考える 手書きの真実とは? 財前謙
◆レポート 第11回 日中蘭亭書法交流哈爾浜展
◆インフォメーション 書の四季カレンダー 発売中!

◆読者参加企画
吉語印募集 講師/柳 濤雪
干支印募集 講師/井谷五雲
206号作品募集結果発表 審査/市澤静山・牛窪梧十・日比野 実

展覧会------------------------------------

●プレビュー
傘寿記念 城所湖舟書作展/第四次 安〓豐邨詩書展
荒木大樹書展/第8回 日本書蒼院展

●話題の展覧会
一蘭社書展/日韓書家二人展──佐々木鐵仙・韓泰相/第18回 臨書と自由書作品展
第27回 読売書法展/第50回記念 現日書展/第45回 貞香書展

●話題の書道展より
第60回記念 玉信書展/第45回記念 官公書展
第54回 凌雲書展/第27回全国公募 日本綜合書作院展

墨 206号 の表紙画像

[大きい画像を開く]413572
墨 206号
2010/09/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447413572

特集
◆導入 臨書にまつわることば
◆基礎知識 臨書ー歴史と技法ー 文/中村史朗
◆インタビュー 臨書展のこれまでとこれから 田宮文平
◆全書体基本事項 基礎知識 実技編 文/市澤静山
◆臨書書体別レッスン
レッスン1 楷書・行草書編 講師/市澤静山
レッスン2 篆書・隷書編 講師/牛窪梧十
レッスン3 かな編 講師/日比野 実
◆実験 古典に合った筆を見つけよう 講師/堀久夫
◆鑑賞 書き下ろし 現代作家による臨書作品
有岡シュン崖・高木厚人・田頭一舟・辻元大雲・西村東軒・森田彦七・柳 碧蘚
◆トピック 日本画における模写 荒井経
◆コラム
中国の臨書事情 文/菊山武士 協力/仲 崇霖
韓国の臨書事情 文/金 周會
臨書作品を出品できる展覧会

新連載---------------------------------------
めざせ!書道の達人 モンキッキーの魂の特訓

連載---------------------------------------
書語辞典⑫ 文/伊藤文夫
中国”書”的旅のススメ 文/種谷萬城
50年の回顧⑤ 槐安高島菊次郎 文/西嶋慎一
書道今昔物語〈最終回〉 文/長尾秀則 画/丹地陽子
翰墨の縁⑲ “王襄と董作賓”
ギャラリー 「大窪詩佛臨最澄将来越州録鄭審則跋」
雑誌と文字の散歩道〈最終回〉 文/臼田捷治
書は人なり⑨ 昇仙太子碑──則天武后の書 文/廣瀬保雄
書にまつわるへそ曲がり随想⑫ 文/堀 久夫
碑法帖存疑⑥ 『皇甫誕碑』宋拓本考 文/伊藤 滋
書とアートで“ものあはせ” 2 「余白」 文/財前 謙・嶋崎吉信
日本の書文化 文/松岡正剛
教えて先生! 書の疑問〈最終回〉「書家」 文/田宮文平 イラスト/川口澄子
待ち合わせは、書のある空間で⑫ 文/南部真雪
書くことの閾③ 佐伯祐三──鏡の中の「コンストリュクシオン」 文/栗本高行

トピックス------------------------------------
◆SPOT 樽本樹邨氏芸術院賞
◆レポート
安田女子大に書道学科開設
中国オークション最新事情 ~中国嘉徳オークション~
福井の書道ガールズ

◆読者参加企画
臨書作品募集 楷書・行書編 講師/市澤静山
臨書作品募集 篆書・隷書編 講師/牛窪梧十
臨書作品募集 かな編 講師/日比野 実
205号作品募集結果発表 審査/鬼頭翔雲

展覧会------------------------------------

●プレビュー
堀 桂琴遺墨展
筆と共に40年 棧敷東石書展
下谷洋子かな書展 ー沈潜と流れ
王学仲教授書画作展
王朝の名筆
第18回 国際架橋書会選抜展
第58回 無心会展

●話題の展覧会
たのしい傘寿 館山佳央書作展
還暦記念 座本大オウ書展
西田茜秋の書 日本のこころを書く
第38回日本の書展/第62回毎日書道展/第27回産経国際書展

●話題の書道展より
第55回全国神融会書展/第44回瑞雲展/第66回鳳雛書展
寒玉書道会第6回選抜展/第48回水穂書展/第71回国際文化交流大日本書芸院展
第24回玄心書道展/第50回記念 墨滴会全国書展/第49回文鳳会展
第24回玄耀展/第8回滴仙会書法展/第41回千紫会万紅展
墨 205号 の表紙画像

[大きい画像を開く]350871
墨 205号
2010/07/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447350871

『墨』205号
特集内容

◆導入
あなたはどっち? ①第一印象 ②比較 ③最終質問

◆基礎知識
九成宮醴泉銘・孔子廟堂碑 履歴書

◆鑑賞
二碑の善本を味わう 解説/伊藤 滋

◆総論
欧陽詢と虞世南の南北系譜と個性 文/魚住和晃

◆レッスン
比較しながら同時に学ぶ 九成宮醴泉銘と孔子廟堂碑 講師/鬼頭翔雲

◆書法解析
・九成宮醴泉銘 バランスの美 文/佐伯司朗
・唐石拓孔子廟堂碑にみる 虞世南楷書の源貌 文/伊藤 滋

◆検証
初唐・二大楷書碑 拓本比較 源流探求 文/表 立雲

◆アンケート
書家・研究者12名に聞きました
有岡シュン崖・石川芳雲・石永甲峰・河内君平・菅野智明・慶徳紀子・砂本杏花・高木聖雨・田中節山・谷村雋堂・森嶋隆鳳・山中翠谷(敬称略)

◆インタビュー
デザイナーと詩人が魅力を語る 羽良多平吉・吉田加南子

◆書論
先人による、書美の捉え方 文・監修/田中東竹

◆ブックガイド
資料の調べ方・理解の深め方 文/伊藤文生

企画---------------------------------------
日夏耿之介とその遺愛の書画 文人日夏耿之介 文/加島祥造

新連載---------------------------------------
書とアートで“ものあはせ” ① 「刻」 文/財前 謙・嶋崎吉信

連載---------------------------------------
・書語辞典⑪ 文/伊藤文生
・書に関するへそ曲がり随想⑪ 文/堀 久夫
・書は人なり⑧ 尊林 一休さんの書 文/廣瀬保雄
・シリーズ・書を愛する人へ【最終回】齋藤香坡
・ギャラリー 「明拓皇甫誕碑」
・雑誌と文字の散歩道⑪ 文/臼田捷治
・翰墨の縁⑱ 「王懿栄と羅振玉」
・書道今昔物語⑪ 「黄庭堅」 文/長尾秀則 画/丹地陽子
・中国”書”的旅のススメ㉝ 文/種谷萬城
・50年の回顧④ 「田近憲三と江田」 文/西嶋慎一
・碑法帖存疑⑤ 「美人董氏墓誌銘」原刻本考 文/伊藤 滋
・日本の書文化㊹ 文/松岡正剛
・教えて先生! 書の疑問⑪「書教育」文/加藤泰弘 イラスト/川口澄子
・待ち合わせは、書のある空間で⑪ 文/南部真雪
・書くことの閾② 熊谷守一 ──「蒼蠅」のことは「蒼蠅」に 文/栗本高行

トピックス------------------------------------
◆訃報
追悼 小松茂美氏逝く 文/榎倉香邨・菅原教夫

◆SPOT
・小坂奇石DVD作品集発売!
・第3回「墨」評論賞募集要項

◆レビュー
唐楷之作品集『新唐書』 文/石川 翠

◆書論の広場
尾上柴舟の作品「道」の解釈をめぐって 文/安國宏紀

◆読者参加企画
・九成宮醴泉銘・孔子廟堂碑臨書作品募集 講師/鬼頭翔雲
・204号作品募集結果発表 審査/星 弘道

展覧会------------------------------------
●プレビュー
第62回毎日書道展特別展示 松井如流 書・学一如の生涯

●話題の展覧会
日本代表書作家展/村上三島回顧展/2010日本書芸院代表作家展

●話題の書道展より
第56回 栴檀社書展/第72回 酔墨書展/第70回記念 龍門社書展/第33回 官公書連役員展
第59回 日書院展/第39回 日書学同人展/第32回 翠心三十八人展/第34回 書道笹波会展
第41回 臨池会書展/第34回 由源展

墨 203号 の表紙画像

[大きい画像を開く]324817
墨 203号
2010/03/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447324817

◆巻頭グラビア 隷書の世界へようこそ!
石碑(菅公一千年祭碑・湯島天満宮)/古書店(誠心堂書店)/書道教室(大正大学Tマップ)など
◆隷書基礎知識 文/田中東竹
隷書を一から学ぶ/年表/書風の分類/中国・日本近現代作品選
◆ガイダンス 書籍紹介・用語集
◆書人の勉強法を知る
年譜で読み解く書家人生①何紹基 文/松村茂樹②松井如流 文/柳 碧蘚
◆鑑賞 精拓で味わう──八分隷と古隷 文/伊藤 滋
◆レッスン 八分隷と古隷から 魅力ある作品をつくる 講師/永守蒼穹
◆クローズアップ 初学者必見!
隷書上達の極意は起筆・波磔の用筆法にあり 文/山中翠谷

連載---------------------------------------
書語辞典⑨ 文/伊藤文生
中国”書”的旅のススメ32(←丸囲み数字) 文/種谷萬城
50年の回顧②春海・翠軒・桑鳩 文/西嶋慎一
書は人なり⑥ 亡き皇女を弔う――酒人内親王の書 文/廣瀬保雄
シリーズ・書を愛する人へ⑨ 大井錦亭
雑誌と文字の散歩道⑨ 文/臼田捷治
ギャラリー 「〓閣頌」(〓は甫+おおざと)
翰墨の縁⑯ “銭泳と姚元之”
書道今昔物語⑨ “孫過庭” 文/長尾秀則 画/丹地陽子
書に関するへそ曲がり随想⑨ 文/堀 久夫
日本の書文化 42 文/松岡正剛
がんばれ!高校書道部⑬滋賀県立膳所高校
教えて先生! 書の疑問⑨「表具」文/清水研石・湯山富士雄 イラスト/川口澄子
表現の内と外 最終回 初祖菩提達磨大師 文/財前 謙
日本書の〈根源〉へ 最終回 文/石川 翠
待ち合わせは、書のある空間で⑨ 文/南部真雪

トピックス------------------------------------
◆インフォメーション
第3回「墨」評論賞募集要項/第2回「墨」評論賞授賞式開催
平城遷都一三〇〇年記念 日本代表書作家展
第15回全日本高等学校書道コンクール審査結果発表

◆特別寄稿 碑法帖存疑 「爨龍顔碑旧拓本」考 文/伊藤 滋
◆書論の広場 学校教育における漢字指導の現状と改善策 文/大畠未来
◆スポット 映画「書道ガールズ!! ―わたしたちの甲子園―」お稽古現場に潜入
◆読者参加企画
・礼器碑・開通褒斜道刻石作品募集 講師/永守蒼穹
・かな作品 審査結果発表 審査/吉川美恵子
・漢字作品 審査結果発表 審査/加藤子華

展覧会------------------------------------
●プレビュー
第10回 扶桑印社展/淺沼一道喜寿記念展/第7回 醜美舎展

●話題の展覧会
和雅からモダン 大立祥玉書展/陳振濂書法大展 意義追尋─意義を追い求めて─
天石東村没後20年記念特別展/第40回 泉会書展/第54回 現代書道20人展
現代の書新春展/毎日現代書関西代表作家展/産経国際書会代表展
第22回 国際架橋書展/ブラッシュアートショウ ’09 書のアート展

●話題の書道展より
第61回 正筆展/第41回 正筆会菁華書作展/第38回 鶏聲展
第42回 新書派協会展/第59回 書道学会展/第58回 独立書展
第45回 群象書人展/平成22年 瑞雲春秋展/第10回 臨池会新春展
第52回 東京書道会展/第29回選抜 香瓔百十人・シニア展
墨 202号 の表紙画像

[大きい画像を開く]285361
墨 202号
2009/12/28 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447285361

古いけれど新しい!平城遷都1300年記念
特集「万葉集を書いてみよう」

◆巻頭言 心に響く歌の数々 文/杉岡華邨
◆総論 『万葉集』と平城京──奈良びとの文藝── 文/上野 誠
◆鑑賞1 漢字とかなが織りなす歌の姿 五大万葉集 監修・解説/小川靖彦
◆基礎知識 6つのポイントで知る 万葉集とは 文/多田 元
◆論考 木簡から万葉集を見る 文/犬飼 隆
◆万葉集抄 万葉集を味わう
◆レッスン① かな作家が書く万葉歌 講師/吉川美恵子
◆レッスン② 漢字作家が書く万葉歌 講師/加藤子華
◆鑑賞2 万葉歌を書いた現代書の名作
◆鑑賞3 私の好きな万葉歌──現代書家七名による作品/アンケート
◆情報 せんとくんがご案内 平城遷都一三〇〇年祭 イベントガイド
◆エッセイ 万葉の心 桶谷秀昭・神作光一・堀江敏幸・加藤治郎・加藤千恵・植木昭夫

発表---------------------------------------
第2回「墨」評論賞 選考結果発表!

新連載---------------------------------------
50年の回顧①『書品』の編集室 文/西嶋慎一

連載---------------------------------------
書語辞典⑧ 文/伊藤文生
書に関するへそ曲がり随想⑧ 文/堀 久夫
中国”書”的旅のススメ31 文/種谷萬城
書は人なり⑤ 王羲之に遘う――姨母帖 文/廣瀬保雄
シリーズ・書を愛する人へ⑧ 津金孝邦
雑誌と文字の散歩道⑧ 文/臼田捷治
ギャラリー 「霊蹤甃碑」
翰墨の縁⑮
書道今昔物語⑧ “顔真卿” 文/長尾秀則 画/丹地陽子
老舗のご主人に聞く③宝研堂
日本の書文化41 「武芸と書芸と一緒に語りなさい」 文/松岡正剛
がんばれ!高校書道部⑫ 千葉日本大学第一高等学校
教えて先生! 書の疑問⑧「美術館」 文/笠嶋忠幸 イラスト/川口澄子
表現の内と外⑤ ただ空に 文/財前 謙
日本書の〈根源〉へ⑤ 書と母なる音あるいは無限クレオール(後篇) 文/石川 翠
待ち合わせは、書のある空間で⑧ 文/南部真雪

トピックス------------------------------------
◆インフォメーション
大正大学に「書道表現プロダクトコース」新設!
書評・菅野智明著『近代中国の書文化』 文/弓野隆之
公募 第4回ブラッシュアートショウ小品展

◆特別寄稿 碑法帖存疑 「初拓爨寶子碑」考 文/伊藤 滋

◆スポット
豊岡竹野かな書碑街道づくり事業/ドイツで書展「筆の軌跡」

◆読者参加企画
かな作品募集 講師/吉川美恵子
漢字作品募集 講師/加藤子華

楷書・倣書作品 審査結果発表 審査/田中節山
行草書・倣書作品 審査結果発表 審査/石川芳雲
隷書・倣書作品 審査結果発表 審査/西村東軒

◆年賀 新春名刺交換

展覧会------------------------------------
●プレビュー
三宅相舟個展/第16回幕田魁心書展/中山光晨・明粋書画二人展
第2回高尾剋山人展/第38回魁心書法院展

●話題の展覧会
島田三光書展/朱月社選抜展──追悼北大象/古稀記念晝間欽堂書展
まほろばの響き──産経国際書会8人展佐藤不屈個展コーナー/書壇院特別展示
第15回記念興文会書展/第31回東西書展/第27回古典臨書展

●話題の書道展より
第71回酔墨書展/第29回青潮書道会役員展/第31回翠心会書展
第70回記念千草会書展/第26回日本書道院選抜展

墨 199号 の表紙画像

[大きい画像を開く]253558
墨 199号
2009/07/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447253558

特集内容
◆味わうよろこび 文房至宝を愛でた書人 青山杉雨・宇野雪村・松井如流
◆使う楽しみ 筆墨硯紙による表現の広がりを探そう 講師/原田凍谷
◆プロに訊く 筆墨店はアドバイザー
◆楽しく付き合う 文房具と絵と書のこと 安西水丸
◆歴史を知る 文房四宝とは 筆墨硯紙の歴史 文/玉村霽山
◆見る眼を養う 硯を味わう 文/楠 文夫
◆産地を見る 文房四宝のいま
◆資料文房四宝のヒント集
◆グラフ 文房至宝のある景色

好評連載---------------------------------------
書語辞典⑤ 文/伊藤文生
書に関するへそ曲がり随想⑤ 文/堀 久夫
書は人なり② 手まりのうた──良寛の書 文/廣瀬保雄
雑誌と文字の散歩道⑤ 文/臼田捷治
シリーズ・書を愛する人へ⑤ 稲村雲洞
ギャラリー 「『天成風字硯』傅大〓手拓本」
書道今昔物語⑤ “虞世南” 文/長尾秀則 画/丹地陽子
翰墨の縁⑫ “徐三庚と楊守敬”
中国”書”的旅のススメ28 文/種谷萬城
がんばれ!高校書道部⑨ 福島県立郡山東高校
虫の目 鳥の目 書家の目 碑法帖透映鑑別による「蘭亭序」総括② 文/表 立雲
教えて先生! 書の疑問⑤ 「篆刻」 文/蓑毛政雄 イラスト/川口澄子
日本の書文化39 文/松岡正剛
表現の内と外② 羞じて為さず 文/財前 謙
日本書の〈根源〉へ② 書の三つの〈時〉の祝祭(前篇) 文/石川 翠
待ち合わせは、書のある空間で⑤ 文/南部真雪

トピックス------------------------------------
◆インフォメーション 公募第2回「墨評論賞」締切迫る!

◆特別寄稿 バークレイ大学東亜図書館蔵
「三井聴氷閣旧蔵碑法帖拓本」と聴氷閣鑑蔵印 文/伊藤 滋
◆緊急寄稿 新発見 蜻蛉日記の鎌倉時代古写断簡 玉津切 文/池田和臣
◆スポット 毎日書道図書館がオープン!
◆書論の広場 硯の目 “鋒芒”を見る 文/為近摩巨登

◆読者参加企画
淡墨一字書作品募集 講師/原田凍谷
あなたの姓名印・雅号印 審査結果発表 審査/岡野楠亭
漢印の模刻印 審査結果発表 審査/内藤富卿

展覧会------------------------------------
●プレビュー
毎日書道展特別展示 篆刻家松丸東魚の全貌
仲田光成・森田子龍展──書美の巨匠・二人の先駆者
第13回 小原道城書作展──周興嗣詩「千字文」を書く
第2回 燦華展

●話題の展覧会
高木聖鶴書展/田岡正堂書作展/小山鳥雲遺作展
新倉禾扇個展/2009日本書芸院展/第58回 日書院展

●話題の書道展
第32回 官公書連役員展/第69回 龍門社書展/第11回 朋心社習作展
第40回記念 臨池会書展/第38回 日書学同人展/第33回 由 源 展
第31回 翠心三十八人展


墨 198号 の表紙画像

[大きい画像を開く]242958
墨 198号
2009/05/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447242958

特集
◆導入 篆刻を始めよう
◆レッスン1 一字印を刻る 高校生が篆刻を楽しむ 指導/真鍋井蛙
◆レッスン2 姓名印・雅号印を刻る 講師/岡野楠亭
◆エッセイ 「一点の朱」 文/井上祐美子
◆鑑賞 傳樸堂蔵印四屏
◆よみもの 安国旧蔵「宋拓石鼓文」と鑑蔵印 文/伊藤滋
◆レッスン3 漢代・清代の印をも刻する 講師/内藤富卿

企画------------------------------------
加島祥造の世界 生命の躍動を伝える

新連載-------------------------------------
・書は人なり① 「丹愚」松井如流の書 文/廣瀬保雄
・表現の内と外① 藁屋に名馬 文/財前 謙
・日本書の〈根源〉へ① 書とメタモルフォーゼ 文/石川 翠

連載---------------------------------------
・シリーズ・書を愛する人へ④ 関 正人
・ギャラリー「文求堂古書目録」
・書道今昔物語④ “王献之” 文/長尾秀則 画/丹地陽子
・翰墨の縁 “郭尚先と林則徐”
・老舗探訪──ご主人に聞く②玉川堂
・雑誌と文字の散歩道④ 文/臼田捷治
・書に関するへそ曲がり随想④ 文/堀 久夫
・書語辞典④ 文/伊藤文生
・中国”書”的旅のススメ27 文/種谷萬城
・がんばれ!高校書道部⑧ 奈良県立法隆寺国際高校
・待ち合わせは、書のある空間で④ 文/南部真雪
・教えて先生! 書の疑問④ 「漢字かな交じり書」文/永守蒼穹 イラスト/川口澄子

トピックス------------------------------------
◆スポット 日本ポーランド国交樹立90周年「手と手」展

◆特別寄稿
・呉昌碩に刻印を依頼した日本人士たち 文/松村茂樹
・手島右卿の古法 文/手島泰六

◆書論の広場 書法心理学研究概説──書法訓練の児童にあたえる影響を中心にして 文/周斌

◆読者参加企画
・あなたの姓名印・雅号印募集 講師/岡野楠亭
・漢印の模刻募集 講師/内藤富卿
・「海」をテーマにした作品 審査結果発表 審査/船本芳雲
・俳句を表現した作品 審査結果発表 審査/有岡シュン崖

展覧会------------------------------------
●話題の展覧会
第55回記念栴檀社書展併催 大石隆子遺作展──百人一首
七回忌記念 大溪洗耳遺墨展──長安 興教寺墨蹟塔建立──
第48回 日本書作院展
公募 東京書作展 選抜作家展2009

●話題の書道展より
第31回 青潮書道会全国展/第28回選抜 香瓔百十人展/第37回 公募書道一元會展
第62回 書道芸術院展/第38回 凌雲選抜書展/第56回 朝聞書展
第49回 現日選抜書展/第15回 東京水穂会書展/第37回 國際書道連盟展
第71回 謙慎書道会展/第58回 奎 星 展/第55回記念 栴檀社書展
第22回 不二現代書展

墨らんだむ----------
視点・田宮文平/書道通信/墨手箱
エッセイ/読者の広場/新刊ピックアップ
書道雑誌の歴史学/展覧会ルポ/プレゼント
展覧会アラカルト/5・6月の展覧会スケジュール
バックナンバー一覧/常設書店リスト
次号予告・編集後記
墨 194号 の表紙画像

[大きい画像を開く]208690
墨 194号
2008/09/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447208690

特集
●鑑賞1 20世紀の書人 名品選
「戦前の書」「戦後の書1 1945-1959」「戦後の書2 1960-1969」
「戦後の書3 1970-1979」「戦後の書4 1980-2000」
作品解説/田宮文平、菅原教夫、名児耶 明、萱のり子、海上雅臣

●評論1 20世紀100年の書の変貌 文/田宮文平

●鑑賞2 20世紀の印人 名品選 作品解説/中野 遵、松村一徳

●クローズアップ 挑戦者たち 異端の系譜 文・作品解説/田宮文平、中野 遵

●評論2 20世紀の書から新時代の書へ 戦後の書を起点として 文/菅原教夫

●アンケート1 現代書家が選ぶ「20世紀の書」ベスト3

●資料室 近現代書道史年表・近現代の書の名著・近現代の書論選 監修/加藤泰弘

●アンケート2 読者が選ぶ「20世紀の書」ベスト3

連載---------------------------------------
・日本の書文化35(←丸囲み数字)「宸翰に出入りする宋学の風と悪党の風」 文/松岡正剛
・翰墨の縁⑧ “呉雲と陳介祺”
・がんばれ!高校書道部④ 静岡県立吉田高校書道部
・文物だより 最終回 故宮博物院研究員 施安昌氏インタビュー
・澄野かおりの ブログ風 いっちょかみ日記 最終回

トピックス------------------------------------

●コラム
・常識と非常識の間で 最終回 文/堀 久夫
・ギャラリー 「延年石室題字」

●書論の広場
・丁仁と『西〓八家印選』 文/中谷和玄(「寧洛〓」代表)

●スポット
・台湾・国立故宮博物院「晋唐法書名蹟展」
・2008 第2回ソウル書藝ビエンナーレ

●レポート
・ドラマチック書道 i n 北海道 小原道城一門展

●インフォメーション
・判型変更のお知らせ
・年間購読キャンペーン
・墨 バックナンバーのご紹介
・柳田泰山 百寺納経作品集 第一部 刊行

読者参加企画------------------------------------
●結果発表 公募「美人董氏墓誌」 審査/佐伯司朗

展覧会------------------------------------

●プレビュー
・石川九楊 平成源氏物語五十五帖展
・茂林華雲書品展──王羲之への憧憬と展開

●話題の展覧会
・戸田提山 野外の書
・東山一郎 倣書の世界
・第36回日本の書展
・第60回毎日書道展

●話題の書道展より
第53回 全国神融会書展/第17回 新和様書作家協会選抜展/第69回 国際文化交流大日本書芸院展
第46回 水穂書展/第22回 玄燿展/第42回 墨彩会書展
第43回 公募瑞雲展/第22回 玄心書道展/第48回 墨滴会全国書展
第6回 滴仙会書法展/第3回 聖筆代表書作家展/第56回 無心会書展
第32回 書道笹波会展/第39回 千紫会万紅展
墨 193号 の表紙画像

[大きい画像を開く]199149
墨 193号
2008/07/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447199149

特集----------------------------------------

決定版 目習い・手習いに最適
碑法帖名品選

●拓本ショー 何の古典かわかりますか?

●基礎知識 碑法帖の基本 文/伊藤 滋

●鑑賞 碑法帖16選

●解説 碑法帖16選解説 文/伊藤 滋

●クローズアップ ギャラリー特別版「孔宙碑」 文/伊藤 滋

●レッスン
楷書「美人董氏墓誌」 講師/佐伯司朗
行草「開皇本蘭亭序」 講師/吉澤鐵之
隷書「礼器碑」 講師/関 吾心
篆書「散氏盤」 講師/河内君平

●ガイド お気に入りの碑法帖が鑑賞できる美術館ガイド

企画---------------------------------------
第六〇回毎日書道展記念 毎日書道展六〇年の軌跡とこれから

連載---------------------------------------
・日本の書文化34 「遊芸が発見した他作の書」 文/松岡正剛
・翰墨の縁⑦ “康有為と梁啓超”
・文物だより⑭ 北京市北海公園「閲古楼」
・がんばれ!高校書道部③ 東京学館新潟高校書道部
・澄野かおりの ブログ風 いっちょかみ日記⑩

トピックス------------------------------------
●特別寄稿 獨歩 北大路魯山人之書 文/小木良一(太法)
●コラム 常識と非常識の間で45 文/堀 久夫

●書論の広場 コンピュータは探る 王羲之書模本のワザ 文/和田 彩

●インフォメーション 墨評論賞 締切迫る!

●スポット
・杉岡華邨展
・ふくやま書道美術館 書と文房四宝
・復元! 佐竹本三十六歌仙絵巻

読者参加企画------------------------------------
●募集 20世紀の書 アンケート募集

●結果発表「あなたの好きな言葉」を書きましょう 審査/鈴木まつ子

展覧会------------------------------------

●プレビュー
・遺墨展 敦朴の書 大野篁軒
・響け大空へ 金子卓義の書
・北京故宮 書の名宝展─王羲之「蘭亭序」日本初公開─

●話題の展覧会
・文化功労者 高木聖鶴 書の世界展
・中村素岳書展 ─古稀をむかえて─
・篠田瀞花作展 ─没後2年花凛忌記念─
・木原江村の書
・2008日本書芸院展
・20周年記念 研書展
・第30回記念 東天会書展

●話題の書道展より
第54回 栴檀社書展/寒玉書道会 第4回選抜展/第68回 龍門社書展/第31回 官公書連役員展
第37回 日書学同人展/第64回 鳳雛書展/第30回 翠心三十八人展/第20回記念 書人社選抜展
第32回 由源展/第39回 臨池会展
墨 192号 の表紙画像

[大きい画像を開く]189490
墨 192号
2008/05/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447189490

特集----------------------------------------
総力取材
展覧会がまるわかり
──見に行こう! 出品しよう! 開催しよう!

▼第Ⅰ章 “現代の書”を見に行こう!
●基礎知識
書展への誘い 文/田宮文平、大型公募展案内、書展の見方Q&A 回答/田宮文平
●お出かけガイド 六本木/上野/銀座
●歴史 書展の歴史とその系譜 文/田宮文平
●鑑賞 改組日展 歴代大臣賞受賞作全40点一挙公開!
●エッセイ 書展懐旧 文/西嶋慎一
●トピック 東京都美術館大規模改修の舞台裏 文/藤田一人
●インタビュー 個展の醍醐味 松川昌弘
●コラム 書道展にまつわるエトセトラ
芳名録の書き方、特色のある書道展 創玄書道会/淡水会

▼第Ⅱ章 公募展に出品しよう!
●公募展ガイド チャート、公募展出品要項
●作品制作ガイド 講師/高木厚人
●表装ガイド 協力/東洋額装
●資料 表具店一覧

▼第Ⅲ章 個展(グループ展)を開催しよう!
●密着取材 書道展開催までの舞台裏~第21回欅会選抜書展を追って~
●グラフ おもしろ展示
●インタビュー 東京国立博物館展示デザイナー 木下史青が語る展示ガイド
●DOCUMENT・グループ展 グループ展でしかできないことをしたい「誰もが主人公になれました!」
●DOCUMENT・回顧展 岡山県立朝日高校書道部OBが力を結集「我らが恩師のことを知ってほしい!」
●アンケート私の個展(グループ展)開催体験記
●図録・案内状制作ガイド 図録・案内状のつくり方
●資料 全国会場案内

連載---------------------------------------
文人閑居して文字に遊ぶ 最終回 文/綿貫明恆
再開日本の書文化33「新様と筆様が拓いた中世表現力」 文/松岡正剛
翰墨の縁⑥ “祁雋藻と翁同〓”
文物だより⑬
書道にまつわる法律の疑問Q&A 番外編 回答/神谷信行
教材から見る教育 最終回 新学習指導要領等の告示を受けて 文/長野竹軒
がんばれ!高校書道部②成田高校書道部、澄野かおりの ブログ風 いっちょかみ日記⑨

トピックス------------------------------------
●インタビュー「繪本 三国志」展開催記念 安野光雅インタビュー
●コラム常識と非常識の間で44文/堀 久夫、ギャラリー「孔子廟堂碑 城武本」

●書論の広場 「墨色」について 文/為近磨巨登
●インフォメーション 墨評論賞 新設!
●スポット
第11回 國井誠海賞受賞者発表、三村秀竹──漢字作家が表す万葉集の世界、中根海堂 書のワークショップ

読者参加企画------------------------------------
●募集
「あなたの好きな言葉」を書きましょう 講師/鈴木まつ子
20世紀の書 アンケート募集
●結果発表 郭店楚簡 審査/柳 碧蘚、武威漢簡 審査/田中東竹

展覧会------------------------------------
●プレビュー
林錦洞ハワイアン・ペトログリフ書象展、古稀記念亀山雪峰の世界展、第5回醜美舎展
●話題の展覧会
榎倉香邨の書──牧水を書く──、高橋里江徒然草…今、なごみの書いやしの佛画三浦香代個展
友近吾邑還暦書展、第48回日本書作院展、公募東京書作展選抜作家展2008
●話題の書道展より
第27回選抜香瓔百二十人展、第37回凌雲選抜書展、第61回書道芸術院展、第36回公募書道一元會展
第30回青潮書道会全国展、第55回記念朝聞書展、第48回現日選抜書展、第36回國際書道連盟展
第14回東京水穂会書展、第70回謙慎書道会展、第44回創玄展、第57回奎星展、第21回不二現代書展
墨 191号 の表紙画像

[大きい画像を開く]183149
墨 191号
2008/03/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447183149

今号も、書をたのしく学べます!
この一冊で、木簡・竹簡にくわしくなれる!

★★★特集★★★
らくらく 木簡・竹簡マスター講座
古代の肉筆「簡牘」の最新情報をお届けします!

【導入】
らくらく 木簡・竹簡をマスター!

【見る】
古代中国の肉筆の書 近年出土した注目すべき簡牘八種 文・監修/横田恭三
近現代作家に見る木簡の息吹 解説/田中東竹

【ガイダンス】
簡牘って何ですか? 文/佐野光一

【知る】
中国の出土情報 文/福田哲之
韓国の出土情報 文/平川南
王羲之前史の解明 文/福田哲之

【レッスン】
準備:木簡調を書くまえに 講師/柳碧蘚
篆書体の木簡調をマスター! 講師/柳碧蘚
隷書体の木簡調をマスター! 講師/田中東竹

【クローズアップ】
いろいろな表現に挑戦 講師/赤平泰処
字書をつくる 文/佐野光一

【コラム】
西域探検者と木簡 文/鶴田一雄
簡牘をめぐる探検記 文/金子大蔵

基礎用語集 文/鶴田一雄
書籍案内

*********************

【新連載スタート】
がんばれ書道部!埼玉県立春日部高校書道部

【好評連載】
書道にまつわる法律の疑問Q&A 最終回 回答/神谷信行
文人閑居して文字に遊ぶ⑪ 文/綿貫明恆
翰墨の縁④ “何凌漢と何紹基”
文物だより⑪ 張一元宣伝部長 劉家博氏インタビュー(後編)
教材から見る教育⑩ 第32回全書研の模様─学習指導要領改訂を目前にして─
澄野かおりの ブログ風 いっちょかみ日記⑧

◇コラム
常識と非常識の間で43 文/堀 久夫
ギャラリー 「六朝写経残片」
◇書論の広場
藤原定家筆 源通具俊成卿女五十番歌合切の新出資料 文/池田和臣
◇インフォメーション
墨評論賞 新設!
全国公募書道展「放哉を書く」に出品してみませんか?

◇読者参加企画
・臨書作品募集!
1郭店楚簡 講師/柳碧蘚
2武威漢簡 講師/田中東竹

・展覧会の体験談募集

・結果発表─書き初め「天上大風」審査結果

*********************
展覧会情報
●プレビュー
篆刻美術館 中国古代瓦當展
謙慎書道会展70回記念 日中書法の伝承
中島司有書作展──やさしき阿修羅──
第8回 扶桑印社展
出光美術館 西行の仮名
Ten・ten──10人の書のかたち
熊坂大地個展~ココロフルエル~
書游社創立三十周年記念書展

●話題の展覧会
岩澤〓堂遺作展
日比野光鳳書作展
津金孝邦展――いのちの河
燦華展──念〈おもい〉
第52回 現代書道二十人展
現代の書 新春展 今いきづく墨の華
第23回 毎日現代書関西代表作家展
第22回 産経国際書会代表展
第25回記念 白峰社書展
通算20回記念 国際架橋書展

●話題の書道展より
第68回千草会書展/第59回正筆展―理事展・役員展/第39回正筆会菁華書作展
第40回新書派協会展/第36回鶏聲展/第57回書道学会展
平成20年瑞雲春秋展/第43回群象書人展/第8回臨池会新春展
第50回記念東京書道会展


墨 190号 の表紙画像

[大きい画像を開く]174572
墨 190号
2008/01/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447174572

特集----------------------------------------
生誕250年
良寛さんの書の秘密
●グラフ
“天真”を敬慕するまち──良寛の実像を辿って 文/岡村鉄琴
●鑑賞
この書をこう見る! 12の視点 草書/和歌/楷書/手紙/その他
文/いとうせいこう・加藤僖一・神作光一・小林康夫・白石かずこ・千住 博・高木聖鶴・立松和平・田中優子・中野北溟・名児耶 明・平野甲賀
先人はこう見た! 選定/岡村鉄琴
●エッセイ
うたう良寛 文/山折哲雄
●講義
書斎での思索と手まりの交流──良寛の書について 講師/石川九楊
●クローズアップ
良寛さんの書にひそむ幾何学的な造形原理 文/原田凍谷
●評論
書の心理から良寛の書を見る 文/魚住和晃
習ったお手本と書風の変遷 文/加藤僖一
良寛さんの筆跡真贋考 文/岡村鉄琴
●インタビュー
書家が読み解く「良寛さんの書」榎倉香邨/吉川蕉仙
●評釈
漢詩で知る良寛の心 文/井上慶隆
和歌で知る良寛の心 文/神作光一
●データ
マップ 良寛さんの足跡めぐり
年譜 人物関係図付き 監修/加藤僖一
●コラム
良寛さんおこのみ「白雪羔」のヒミツ
良寛会の活動
●アンケート
良寛さんのイメージを追うⅠ 現代の書家に聞く、私の一押し作品と、良寛さんの書の秘密
良寛さんのイメージを追うⅡ 読者アンケートより

連載---------------------------------------
・翰墨の縁③ “鐵保と法式善”
・書道にまつわる法律の疑問Q&A⑮ 回答/神谷信行 拓本の著作権
・まんが日本書道ものがたり 最終回 近衛家熈(予楽院) 監修・文/村上翠亭 画/岡田 潤
・文物だより⑩ 張一元宣伝部長 劉家博氏インタビュー(前編)
・文人閑居して文字に遊ぶ⑩ 文/綿貫明恆
・教材から見る教育⑨ 全日本高等学校書道教育研究会千葉大会について
・澄野かおりの ブログ風 いっちょかみ日記⑦

トピックス------------------------------------
●コラム
ギャラリー 瓦当『萬歳』
常識と非常識の間で 文/堀 久夫
●書論の広場 「磨墨」について 文/為近磨巨登
●レポート 全北書芸ビエンナーレ
●インフォメーション 墨評論賞 新設!
●年賀 新春名刺交換会
●クローズアップ 王羲之の墨跡「遊目帖」がカラーで復元!

読者参加企画------------------------------------
●募集 書き初め「天上大風」募集
●結果発表 落款印審査結果 講師/蓑毛个庵

展覧会------------------------------------
●プレビュー
亀甲展、第2回 今林桃邨展、第34回 魁心書法院展

●話題の展覧会
生誕百年木村知石展、加藤光峰個展、ふくやま書道美術館中国の書と絵画─明清から現代へ─
座馬井邨書作展─うたと書に遊ぶ─、喜寿記念 西迫翠峰書作展、逝世八十周年記念呉昌碩書画展
北野攝山書展─書の美の本質を求めて、第4回圭雪書道院展、金周會展、
神奈川の書すべてを魅せる百人、BRUSH ART SHOW ’07、第29回東西書展、
日本の南画、第25回古典臨書展

●話題の書道展より
第69回酔墨書展、第41回墨彩会書展、創玄現代書展、
第29回翠心会書展、第27回青潮書道会役員展、第24回日本書道院選抜展

墨 143号 の表紙画像

[大きい画像を開く]169067
墨 143号
2000/03/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447169067

◆巻頭特集
拓本を楽しむ"
見方・取り方・学び方

風雪に洗われた石の表面を拓本に採ること
によって、刻された文字がいきいきと甦る
・・・。二千年以上昔の中国の文字を、私
たちは書のお手本として勉強しています。
良い拓本の見分け方・正しい採り方などを
通して、書の学習と切っても切れない関係
にある拓本の魅力を伝えます。

●名拓鑑賞
開皇本欄亭序/雁塔聖教序/晋祠銘/麻姑仙壇記/集王聖教序
群玉堂 第八巻残帖/史晨碑/開通褒斜道刻石/石門銘

●拓本の見方
碑法帖拓本の見方  文/伊藤滋

●鑑賞
コレクター雪村の遺した珍品  文/稲村雲洞 

●基礎知識
20分で学べる 拓本基礎講座

●拓本の取り方
拓本とりに出かけよう 指導/横山淳一
西安碑林取拓実演図解

●拓本を飾る
採るだけじゃ、蒐めるだけじゃもったいない  指導/藪田夏秋

●拓本の学び方
拓本で習う、拓本を学ぶ

●書家インタビュー
石橋鯉城
谷村憙齋

●資料室
名拓のある美術館めぐり

第2特集 シリーズ・人と書を味わう
与謝野晶子

-やは肌のあつき血潮にふれも見で
              さびしからずや道を説く君-

処女歌集『みだれ髪』をはじめとした彼女の作品は、その奔放な心情表現で旧いモラルにしばられた明治の世を騒がせた。常に己の心に正直に、まっすぐに生きた彼女の詩、短歌、そして「書」。その魅力は、百年の歳月が流れようとも少しも色褪せることはない。

●エッセイ
晶子と〈東京の言葉〉  文/松平盟子
●鑑賞
彩られる書
旭日の人
老いてなお残りし花
●評伝
大正デモクラシーに棹さして~晶子の後半生~  文/入江春行
●コラム
源氏物語と晶子  文/瀬戸内寂聴

●新連載
 世界に放り出された書 -近・現代書史点描-
  韜晦するアジアとアジアの意地 宮島詠士  文/石川九楊

●連載
・辛口時評 (8)
・書の旅 (14)
  南朝陵墓石刻・その1  写真と文/高澤浩一
・書論の広場(8)「柩銘考」 文/大橋修一
・日本の書文化 (6)
  「語部文化から書記文化へ」 文/松岡正剛
・遊ぶ・楽しむハンドメイド (6) 表札  講師/岩切誠
・シリーズ・巨匠の書室 (6) 高木聖鶴
・あなたの職場の書道部を拝見します (2) 資生堂書道部
・書案家・石やんの眼 (2) 文/石塚墨禅

●読者参加企画
臨書講座 かな「寸松庵色紙」 講師/土橋靖子
「曹全碑」結果発表  審査/田中東竹

●コラム
ギャラリー
世界文字旅行(6)「ロシア文字」

●スポット
杉谷隆志中国百景展
炎の人・九州三人展-中林悟竹・西郷南洲・副島蒼海展-

●中国レポート
幻の「トウ河緑石」初探訪の旅  文/山本濤石・粋園

●展覧会プレビュー
第7回鄭周相書展
生誕100年記念松井如流書展
扶桑印社展
大作正子遺作展
平安書道研究会第600回記念特別展 平安の書の美

●話題の展覧会
・仲田幹一100歳の書展
・近藤摂南個展
・中道春陽展
・第44回現代書道二十人展
・毎日書道展関西展
・関西の百人展

●話題の書道展より
第60回記念千草会書展/第47回無心会展
第29回凌雲選抜書展/第22回一東書道会全国書道展
第12回飛燕展/第15回現代国際書画展
第43回正筆展/第31回正筆菁華書作展
第28回鶏聲展/第49回日本書道教育学会展
第34回群像書人展/第41回太玄会書展
平成12年瑞雲春秋展/第35回貞香会展

●墨らんだむ
視点
中国書法だより
書道通信
読者の広場
読者プレゼント
ぶっく&ブック
悩み相談室
展覧会ルポ
展覧会プレビュー
5月・6月の展覧会
バックナンバー一覧
次号予告・編集後記

 
墨 147号 の表紙画像

[大きい画像を開く]169063
墨 147号
2000/11/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447169063

◆巻頭特集
平成のかな表現"

日本文化の粋ともいえる優美なかな文字。
古筆を前にするとき、私たちの心に王朝貴
族の典雅な美意識がよみがえってくる。叙
情をたたえ流れる線条は、時を超えて日本
人の根底に受け継がれてきたものを教えて
くれる。かな書を志す者は、過去から受け
継いできたものを現代にどう生かし、どう
発展させていけばよいのだろうか。現代に
おけるかな表現の可能性を探ってみたい。
墨第147号
 

●グラビア構成1
現代かな表現のルーツ
関戸本古今集切/本阿弥切/寸松庵色紙/香紙切/針切

●グラビア構成2
古筆からの作品展開
高木聖鶴/榎倉香邨/日比野光鳳/桑田三舟
黒野清宇/小山やす子/黒田賢一

●総論
「現代のかな」と21世紀への書への展望  文/田宮文平

●作品選
現代かな書道年表
尾上柴舟/鈴木翠軒/安東聖空/桑田笹舟/日比野五鳳

●クローズアップ
戦後のかな界を彩った女流
熊谷恒子/森田竹華/筒井敬玉

●検証
古筆の権化・飯島春敬  文/小松茂美
インタビュー「古筆蒐集にかけた情熱」 話/飯島敬芳

●グラビア構成3
21世紀に向けてのかな表現
井上蒼雨/田頭一舟/宮田芳緑/高木厚人
慶徳紀子/土橋靖子/岩井秀樹

第2特集 シリーズ・人と書を味わう
川合玉堂

横山大観と並び近代日本画壇を代表する川合玉堂は、精緻な写生に基づきつつ独自の自然美を抽出した。墨色を基調とし、墨の名手といわれる玉堂は、日常のありふれた風情を自らの言葉で詠み、書き残している。これらの日頃表にでることの少ない書や画讃を鑑賞する。

●評伝
自然の真意を求め続けた画家 川合玉堂  文/平光明彦
●鑑賞
精錬実直の書
詩歌と絵でつづる春夏秋冬
●エッセイ
川合玉堂先生と墨  文/宇佐美江中
●年譜
玉堂の足跡
●コラム
奥多摩を心より愛おしんで

●連載
・世界のなかに放り出された書―日本近・現代書史点描(5)
  立体派風の書の誕生…前田黙鳳「四言句」 文/石川九楊
・辛口時評(最終回)
・日本の書文化 (10)
  「文字の生・文字の死」 文/松岡正剛
・シリーズ・巨匠の書室(10) 花田峰堂
・書案家・石やんの眼(最終回) 文/石塚墨禅
・書論の広場(12) 香紙切二考察
  1.「香紙切」に見る五種類の書風  文/高城弘一
  2.「香紙切麗花集」配列考  文/埴原幸枝
・あなたの職場の書道部を拝見します(6)
  朝日新聞社書道同好会「朝友文苑」
・遊ぶ・楽しむハンドメイド拡大版 巳年の年賀状

●短期集中連載
日本古代文字再発見【後編】  文/小林昌二・鶴田一雄

●読者参加企画
 臨書講座 楷書「鄭羲下碑」 講師/辻元大雲
 「写経」結果発表  審査/草苅北望

●特別取材
筆職人 清道司をたずねて

●コラム
ギャラリー
世界文字旅行(10)「甲骨文字」

●スポット
杉岡華邨書道美術館開館記念展
第17回読売書法展
北京・中国美術館にて尾崎邑鵬書作展開催
中国国宝展
桑田三舟かな書展開催さる
日本書道教育学会支局・支部長展開催さる

●プレビュー
横山蒼鳳東京展

●話題の展覧会
・西村桂洲遺作展
・八五庵 川瀬真洞個展
・魁心書法院展
・動書誌上展
・第18回古典臨書展
・かなの四季展
・第17回産経国際書展開催

●話題の書道展より
第3回タク輪書作展/第50回玉信会書展
第38回水穂書展/第35回官公展
2000長興書展/書莚会創立五十周年記念展
第17回全国公募綜合書作院展/第18回新和様書作展
第60回記念龍門社書展/第1回素シュク會展

●墨らんだむ
視点
21世紀の書を考える
書道通信
読者の広場
読者プレゼント
ぶっく&ブック
悩み相談室
展覧会ルポ
展覧会プレビュー
11月・12月の展覧会
バックナンバー一覧
次号予告・編集後記

 

墨 151号 の表紙画像

[大きい画像を開く]169059
墨 151号
2001/07/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447169059

◆巻頭特集
創刊25周年記念

戦後数十年を経て、社会全般にわたって閉塞感が
漂うなか、20世紀の幕は下ろされた。期待ととも
に幕を開けた21世紀に、「書」の世界はどのよう
な展開を見せるのだろうか。書くことの失われつ
つある今こそ、私たちは本音で語り合いたい。21
世紀の「書」について・・・・・・。

●グラビア構成
2001年─「書」の風景

●インタビュー
オピニオンリーダーに聞く21世紀の書
新井光風/金子卓義

●総論
21世紀世代の書の展望  文/田宮文平

●提言
21世紀書は生れ変わる!  文/石川九楊

●エッセイ
書ッ、書ッ、書々字  文/藤本義一

●作品構成125人の現在
赤平泰処/有岡シュン崖/伊場英白/岩井秀樹
牛窪梧十/岡本光平/角元正燦/喜代吉テツ牛
菅谷有槻子/添田耕心/高木厚人/高木聖雨
高橋蒼石/土橋靖子/土井汲泉/仲川恭司
中村伸夫/永守蒼穹/原田凍谷/星 弘道
松川昌弘/柳 碧蘚/柳田泰山/遠藤 彊
河野 隆

●作品構成2
アジアの息吹
韓国/崔惇相・孫仁植・郭魯鳳
中国/蒋進 台湾/薛平南

●コラム
21世紀の書文化人からの視点
 原 子朗・浅葉克己・日比野克彦
進化する筆記具筆ペン

●考察
21世紀の書写書道教育を語る
 長野秀章・大庭淳子・齋木久美・荒井一浩
東京学芸大学/大東文化大学

●IT時代の「書」を考える
インターネットは 書を変えることができるか
魅力あるホームページを作るために 文/福田祥洲

特別企画創刊号から25年-
墨の表紙すべて見せます

おかげさまで「墨」も今号で25周年を迎えることができました。
これまでの軌跡を辿り、表紙のみですが創刊からの150冊を一挙ご紹介します!

●連載
・世界のなかに放り出された書―日本近・現代書史点描(9)
  川村驥山 文/石川九楊
・日本の書文化 (14)
  「紀貫之の用意周到」 文/松岡正剛
・漢字の起源をめぐって (2) 文/阿辻哲次
・シリーズ・巨匠の書室(14) 津金孝邦
・遊ぶ・楽しむハンドメイド(14) 手作りフレーム
  夏の応用編 ~透明なフレームで作品を飾る~
・すみ人彩々 藤波辰爾さん(新日本プロレス社長)
・初心者必見!!ヘボでも上達 筆遣い指南(2)
  指導/赤井清美

●読者参加企画
 臨書講座 行書「空海・風信帖」 講師/綾部光洲
 「雁塔聖教序」結果発表 審査/石飛博光

●コラム
 常識と非常識の間で(3) 文/堀 久夫
 ギャラリー
 筆とメッセージ(4) 文/岡本光平

●スポット
 「杉岡華邨氏文化勲章受賞祝賀会」盛大に開催
 張裕 陵園が完成 文/魚住卿山
 密教21フォーラムカリグラファー空海
 
●中国レポート
 香港中文大学芸術系・文物館合弁
 「中国碑帖・書法国際研討会」開催される 文/伊藤滋

●プレビュー
 日比野五鳳展
 石飛博光展

●古美術散歩
 ようこそ古美術の世界へ― 大阪・中井竹峰堂

●話題の展覧会
・桑原翠邦遺業展
・菊池翠汀書作展
・新谷鴻軒書作展
・2001日本書芸院展
・殿村藍田追悼展
・(財)驥山館開館40周年記念
・「驥山・奇石・雲庭」展開催中

●話題の書道展より
 第25回抱山社書展/第25回日藝書展
 第32回臨池会書展/第23回翠心三十八人展
 第25回記念由源展/現代の俳句と書の世界

●墨らんだむ
視点 文/田宮文平
論壇 文/源川彦峰
書道通信
読者の広場
中国留学記
悩み相談室
ぶっく&ブック
展覧会ルポ
展覧会プレビュー
読者プレゼント
7月・8月の展覧会
バックナンバー一覧
次号予告・編集後記

 

墨 189号 の表紙画像

[大きい画像を開く]166592
墨 189号
2007/11/07 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447166592

◎11月1日に発売を予定しておりました『墨』189号ですが、諸般の事情により11月7日発売に変更となりました。
このような事態になり、皆様には多大なご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。今後は、このような事態の起こらぬよう努めて参りますので、今後とも皆様の変わらぬご愛顧を伏してお願い申し上げます。
▼お問い合わせは『墨』編集部までお願いします
03(3263)1636

【第一部──落款印】
●導入
落款印で決める

●鑑賞
近代中国 名家たちの落款印 文/蓑毛个庵
近代日本 篆刻家の落款印 文/野中穎僊
側款を味わう 印譜を楽しむ──童大年印譜

●レッスン
落款の基礎知識 文/蓑毛个庵
落款印をつくってみよう 講師/蓑毛个庵
側款にチャレンジ 講師/真鍋井蛙

【第二部──落款】
●導入
作品が変わる

●実践 書体別Q&A
漢字編 講師/江口大象
かな編 講師/清水透石
漢字かな交じり編 講師/辻元大雲

●鑑賞
参考にしたい落款の名品 解説/江口大象

-------------
●クローズアップ
オリジナル 消しゴム”落款”はんこをつくろう!
●読み物
ミステリー 『隠し落款について』 文/月山照基
●指南
落款上級者編 鑑賞の手引き 文/北川博邦
●ガイド
落款と落款印づくりに役立つ書籍案内

企画---------------------------------------
吉例 子年の年賀状

連載---------------------------------------
ようこそ!王先生の書斎へ 最終回 『開通褒斜道刻石』 文/伊藤 滋
文物だより⑨ 小〓国遺珍
書道にまつわる法律の疑問Q&A⑭ 回答/神谷信行
まんが日本書道ものがたり⑫ 世尊寺家の人びと 其の二 監修・文/村上翠亭 画/岡田 潤
文人閑居して文字に遊ぶ⑨ 文/綿貫明恆
翰墨の縁② “錢大〓(日+斤)と錢〓(土+占)”
教材から見る教育⑧ 文/木村則夫
書を感じる人たち キタハラゆかり
澄野かおりの ブログ風 いっちょかみ日記⑥

トピックス------------------------------------
●コラム
常識と非常識の間で 41 文/堀 久夫
ギャラリー 呉昌碩『削觚廬印存』

●書論の広場
新発見 欧陽詢「竇娘子墓誌」の書風分析 文/佐藤雄司

●レポート
国際シンポジウム「グローバル化時代における書の社会寄与」
日中蘭亭書法交流展(河南展)
第29回全国公募 千字文大会展

●インフォメーション
「書の四季カレンダー」発売中!
淑徳大学公開講座 伊藤滋氏講義開講!
良寛生誕250年アンケート

●クローズアップ
「百年西レイ・中国印」海外選抜篆刻大会開催

●訃報
追悼 小林斗アン氏逝く
追悼 大平山濤氏逝く

読者参加企画------------------------------------
●募集
落款印募集 講師/蓑毛个庵
●結果発表
写経「般若心経」結果発表 審査/星 弘道

展覧会------------------------------------
●プレビュー
赤平泰処書展─我が心の書─/書の深遠「河田一臼の世界」とその流れ展
/田澤伯堂 書・水墨画展

●話題の展覧会
遺墨小名木東邨の書/赤江華城書作展/第24回読売書法展
第24回産経国際書展/創立45周年記念 第45回日書家展

●話題の書道展
第47回現日書展/第42回官公書展/第45回水穂書展/第29回日本書展
第51回凌雲書展/第24回全国公募日本綜合書作院展/第25回新和様書作展
墨 187号 の表紙画像

[大きい画像を開く]151817
墨 187号
2007/07/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447151817

contents───────────────────

●鑑賞
6 一作一面貌 解説/成瀬映山
●総論
34 奇をもって正となす―青山杉雨の書法芸術― 文/西嶋慎一
●クローズアップ
53 文人画─余技を楽しむー
54 自刻印を見る─ひそかに書を支える篆刻─
●グラフ
56 都会人の美意識

●書法解析 書体別に見る青山杉雨の書法
64 篆書作品 解説/梅原清山
66 隷書作品 解説/稲垣菘圃
68 楷書作品 解説/成瀬映山
70 行草作品 解説/岩井韻亭

●エッセイ
50 青山杉雨と中国書壇のつながり 文/饒宗頤・邵華澤・呉平
55 西レイ印社百年史における青山杉雨先生 文/陳振レイ
74 青山杉雨の想い出
井茂圭洞・尾崎邑鵬・栗原蘆水・ 黒田賢一・高木聖鶴・谷村憙齋・日比野光鳳・古谷蒼韻・星弘道・黒柳徹子・佐野豊進・菅原教夫

●座談会
78 愛弟子四人が語る“青山杉雨の美学”
樽本樹邨・角元正燦・高木聖雨・有岡シュン崖

●インタビュー
84 夫人と息子が語る“杉雨こぼれ話”
88 拝啓 青山杉雨先生
村寄鴨畦・種村山童・中林蕗風・ 千葉香仙・一色白泉・泉原壽巌・海野濤山・
松清秀仙・浅野弘子・高坂修司・清水研石・高田香坡・廣畑筑州・政池龜有・
山口耕雲・井上清雅・ 佐川倩崖
●資料
42 年譜・81年の歩み 監修/高木聖雨
62、72、86 青山杉雨語録
●コラム
00 青山先生とその師・西川寧先生 文/新井光風
00 青山先生と上條信山先生 文/田中節山
00 ボロボロになるまで読んだ『書道グラフ』 文/石飛博光
●作品募集
94 九成宮醴泉銘

連載---------------------------------------

96 ようこそ!王先生の書斎へ④『〓鶴銘』 文/伊藤 滋
98 文物だより⑦ 戴月軒社長 于天鶯氏インタビュー(前編)
100 書道にまつわる法律の疑問Q&A⑫ 回答/神谷信行 模刻と印章偽造
108 文人閑居して文字に遊ぶ⑦ 文/綿貫明恆
110 まんが日本書道ものがたり⑩ 西行 監修・文/村上翠亭 画/岡田 潤
128 澄野かおりの ブログ風 いっちょかみ日記④
129 私のほっとタイム⑧ 野口白汀
138 書を感じる人たち⑦ 古賀稔彦 柔道と重なる書の世界
146 教材から見る教育⑥ 韓国の書教育について

トピックス------------------------------------
●コラム
117 ギャラリー 王羲之『楽毅論』
120 常識と非常識の間で 39 文/堀久夫
●研究報告
125 山西省洪洞県出土 漢十六字吉磚
●クローズアップ
134 画師 梁章凱 中国山水の世界
●書論の広場
146 『芳翰模彙』に残る古筆の影 文/松本文子

読者参加企画------------------------------------
●結果発表
121 186号特集クイズ正解発表
154 ペン字作品「贈り物に添える手紙」 講師/岡田崇花

展覧会------------------------------------
●プレビュー
102 中国現代20人展
136 古稀記念 山田太虚書展──「長恨歌」への憧れ
●話題の展覧会
106 ソウル「芸術の殿堂」特別招待──東江 超守鎬 書画展
118 二〇〇七 日本書芸院役員展
124 日本の書展──幕末から現代
130 特別展 蒼海 副島種臣 -全心の書-
140 第30回還暦記念 洞田和園書作展
144 普賢寺玄齋・麗 書陶展
150 第56回日書院展

●話題の書道展より
第53回栴檀社書展・第67回龍門社書展・第30回官公書連役員展・第31回抱山社書展・第36回日書学同人展
・第29回翠心三十八人展・第35回記念玄之会書展・第31回由源展・第38回臨池会書展
墨 186号 の表紙画像

[大きい画像を開く]143894
墨 186号
2007/05/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447143894

●鑑賞
大家の筆
日下部鳴鶴・中林梧竹・豊道春海・中村不折
比田井天来・安東聖空

書家から筆匠への手紙
日下部鳴鶴・豊道春海・比田井天来

●実践
step1 筆屋さんに出かけよう 講師/玉川堂
step2 ひととおり揃えてみよう 文/堀 久夫
step3 実際に使ってみよう 講師/堀 久夫
step4 プロに使い方を教わろう 《かな編》講師/東山一郎 《漢字編》講師/杭迫柏樹
step5 自分で考えて筆を選ぼう 講師/表 立雲

●データ
読み物──製筆家・旭谷又右衛門の仕事
クイズ──どの筆で書いたでしょう?
歴史──和筆の歴史を辿る
アンケート──どんな筆を使っていますか?
コレクション──木村陽山コレクション
ピックアップ──筆の「今」を知る
トピック──筆屋さんから見た筆の推移・筆の毛事情
ショップ──編集部がおすすめする筆屋さん

連載---------------------------------------

■ようこそ!王先生の書斎へ③『旧拓劉玉墓誌』 文/伊藤 滋
■文物だより⑥ 文物出版社社長・蘇先生インタビュー(後編)
■書道にまつわる法律の疑問Q&A⑪ 回答/神谷信行 手紙・尺牘と著作権
■書を感じる人たち 石橋幸緒(女流棋士)
■文人閑居して文字に遊ぶ⑦ 文/綿貫明恆
■まんが日本書道ものがたり⑨ 藤原俊成・定家・為家 監修・文/村上翠亭 画/岡田 潤
■教材から見る教育⑤ 中高一貫校における書写・書道教育について 文/福井淳哉
■私のほっとタイム⑦ 伊藤欣石
■シリーズ新しい書文化の広がり③ 癒しと書
■澄野かおりの ブログ風 いっちょかみ日記③
■ペン字で書く季節の手紙 最終回 贈り物に添える手紙 講師/岡田崇花

トピックス------------------------------------
●コラム
常識と非常識の間で38 文/堀 久夫
ギャラリー 『李道贊率邑義五百余人造像碑』

●特別寄稿
「張玄墓誌辨正」への疑問 文/伊藤滋
新発見 欧陽詢「姚弁墓誌」 文/大野修作

●レポート
韓中日筆文字デザインワークショップ開催 in ソウル

●スポット
第10回「國井誠海書奨励基金」受賞者決定
話題の新国立美術館に行ってみました
大東書道院創設55年記念 三村秀竹―書の本道を歩んだ書家

●書論の広場
小野道風『屏風土代』と和様 文/丹羽博之

●インフォメーション
春日井市道風記念館 北魏楷書の魅力
三館同時開催 拓本の世界──善本碑帖展

読者参加企画------------------------------------

●結果発表
米フツ「真宜批帖尾也」 審査/有岡先生
王鐸「舞繍麒麟」 審査/福光幽石
ペン字作品「お祝いの手紙」 講師/岡田崇花

展覧会------------------------------------

●プレビュー
山崎暁子書展
第4回醜美舎展

●話題の展覧会
──書業50年、選抜研墨展30回記念──島村谿堂の世界
石原獨往展
公募東京書作展 選抜作家展2007
創立45周年記念 第14回日本書道家連盟役員展

●話題の書道展より
第47回 日本書作院展
第26回 選抜 香瓔百三十人展
第36回 凌雲選抜書展
第60回記念 書道芸術院展
第35回 公募書道一元會展
第29回 青潮書道会全国展
第54回 朝聞書展
第47回 現日選抜書展
第35回 國際書道連盟展
第13回 東京水穂会書展
第69回 謙慎書道会展
第43回 創 玄 展
第56回 奎 星 展
第20回 不二現代書展
墨 185号 の表紙画像

[大きい画像を開く]137489
墨 185号
2007/03/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447137489

◎特集:楽しくマスターする 連綿

文字が日常で使われるようになると、さまざまな変化が生じた。連綿もその一つで早書きする上で生まれ、人々はそこに美を見出した。今では一つの技法として、作品を構成する上でなくてはならないものである。本特集では連綿のコツを大公開。初めて連綿にチャレンジする人から効果的に使いたい人まで、必見の特集。

◆実践
はじめての連綿
生徒/原田宗典 先生/有岡シュン崖

◆鑑賞
鑑賞1 連綿―美しき筆の流露 解説/魚住和晃

鑑賞2 王鐸書法の秘技 文/福光幽石

◆レッスン
米?に自然な連綿を学ぶ 講師/有岡シュン崖

王鐸に流麗な連綿を学ぶ 講師/福光幽石

連綿を使った手紙を書こう 講師/城所湖舟

◆評論
“連続”と“非連続”の妙─戦後「漢字連綿の書」の系譜 文/田宮文平

◆インタビュー
一枚の紙は、連続した間です 能楽師・亀井広忠

◆コラム
連綿上手になるためのワンポイントアドバイス 解説/有岡シュン崖

好評連載中!!---------------------------------------

◇ようこそ!王先生の書斎へ②『明拓禅国山碑』 文/伊藤 滋

◇文物だより⑤ 文物出版社社長・蘇士?インタビュー(前編)

◇書道にまつわる法律の疑問Q&A⑩ 回答/神谷信行

◇書を感じる人たち 田村暉昭 つきぢ田村二代目主人

◇文人閑居して文字に遊ぶ⑤ 文/綿貫明恆

◇まんが日本書道ものがたり⑧藤原公任
監修・文/村上翠亭 画/岡田 潤

◇ペン字で書く季節の手紙 第五通・お祝いの手紙 講師/岡田崇花

◇教材から見る教育④ 中国の書法教育について 文/張 信

◇澄野かおりの ブログ風 いっちょかみ日記

◇私のほっとタイム⑥ 笠井雋堂

◇シリーズ 新しい書文化の広がり② インターネット書道

□特別寄稿
墨のにじみはなぜ起きるのか──そのメカニズムを考える 文/為近磨巨登

□書論の広場
黄金比と「九成宮醴泉銘」の結構法 文/加藤眞太朗

展覧会------------------------------------

●プレビュー
第7回扶桑印社展/光と陰小川秀石書展/没後二十年孤高の書家・田中松亭/第7回書游社選抜東京書展

●話題の展覧会
富岳凌雲近作書展/第51回現代書道二十人展/現代の書新春展今いきづく墨の華/第20回記念白峰社役員書展/第22回毎日現代書関西代表作家展/第10回記念蒼泉会書展/第21回産経国際書会代表展

●話題の書道展より
第67回千草会書展/第58回正筆展──理事展・役員展/第38回正筆会菁華書作展/第35回鶏聲展/第39回新書派協会展/第56回書道学会展
/第42回群象書人展/平成19年瑞雲春秋展/第7回臨池会新春展/第49回東京書道会展/第40回記念天真全国書道展
墨 184号 の表紙画像

[大きい画像を開く]129608
墨 184号
2007/01/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447129608

◎特集:墨の学校1 選べる!かなのお教室

タイプ別誌上体験入学で、憧れのかなに挑戦しよう!

●かな鑑賞会
加藤湘堂・池田桂鳳・小山やす子・榎倉香邨
桑田三舟・高木聖鶴・赤江華城・日比野光鳳
横山煌平・内山玲子・黒田賢一・黒野清宇

■お教室別授業
第一教室 空間が美しく響く放ち書きのかな 講師/土橋靖子
第二教室 流麗な線の奏でる繊細美のかな 講師/田頭一舟
第三教室 渇筆を生かしたダイナミックなかな 講師/高木厚人
第四教室 線と点の織りなす漢字的表現のかな 講師/田中徹夫

■特別授業
かな書道史を学ぶ/豆てすと 文/杉浦妙子

☆新連載スタート
王先生の書斎へようこそ①『漢三老諱字忌日記』 文/伊藤 滋
新しい書文化の広がり①Carre MOJI
澄野かおりの ブログ風 いっちょかみ日記

☆好評連載中!
書道にまつわる法律の疑問Q&A⑨ 回答/神谷信行
文物だより④ 旅順博物館コレクション
教材から見る教育③ 書写書道教育の教材論 文/加藤泰弘
まんが日本書道ものがたり⑦ 紀貫之 監修・文/村上翠亭 画/岡田 潤
文人閑居して文字に遊ぶ④ 文/綿貫明恆
私のほっとタイム⑤ 岡田直樹
書を感じる人々 コシノヒロコ
ペン字で書く季節の手紙 第四通・寒中見舞い 講師/岡田崇花
墨 183号 の表紙画像

[大きい画像を開く]123418
墨 183号
2006/11/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む1447123418

◎特集:文人の遊び心 遊印

 

◆特別企画
天台宗開宗一二〇〇年記念
【最澄から受け継ぐ「書の精神」】

◆企画
亥年の年賀状

◆コラム
常識と非常識の間で【35】 文/堀久夫

◆インタビュー
一枚の紙は、連続した間です 能楽師・亀井広忠

◆コラム
連綿上手になるためのワンポイントアドバイス 解説/有岡陖崖

好評連載中!!---------------------------------------

◇文物だより③

◇教材から見る教育② 教育現場 文/名護幸江

◇書道にまつわる法律の疑問Q&A

◇まんが日本書道ものがたり⑥ どう書く 日本の文学

◇文人閑居して文字に遊ぶ③ 文/綿貫明恆

◇ペン字で書く季節の手紙 第三通・年賀状 講師/岡田崇花

◇私のほっとタイム④ 鈴木まつ子


墨 179号 の表紙画像

[大きい画像を開く]94148
墨 179号
2006/03/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む144794148

◆巻頭特集
書体シリーズ5 楽しくマスターする「行書」
“用と美”洗練された書の姿
一つの書体にスポットをあて、味わいを探る書体シリーズ。最後を飾るのは、多くの名品が伝わる「行書」。隷書や楷書といった正式書体の陰で古くから日常的に使われ、“普段着の書”という面が強い。一方、“読める書”が叫ばれる現代では、かなと調和しやすい行書は漢字かな交じり書という舞台を得て、さらなる書美を生み出した。行書の用と美を備えたスタイルは、現代の書において重要な役割がある。さあ、古人が遺した行書名跡をたずねて、新たな書の可能性を探ってみよう。

●鑑賞1
精拓碑法帖選 行書六種
「蘭亭序」「集王聖教序」「晋祠銘」
「行書千字文」「積時帖」「文皇哀冊」 解説/伊藤 滋

●ガイダンス
中国の行書 文/須田義樹
日本の行書 文/杉浦妙子

●論考
行書のはじまりと展開 文/大橋修一

●コラム
唐代の行書墓誌について 文/横倉佳男

●レッスン
(1)基礎編 行書の基本用筆
  講師/吉澤鐵之
(2)日常編 王羲之系の古典に基づいた
(2)実用書を書こう!
  講師/赤井清美

●エッセイ
文化人と行書のいま 文/臼田捷治

●クローズアップ
澄懐堂美術館「中国書画名品展」

●鑑賞2
行書表現の粋
赤羽雲庭/木村知石/津金寉仙/辻本史邑/松本芳翠

●インタビュー
行書の魅力 杭迫柏樹

●ステップアップ講座
行書に草書を交じえて書く 講師/有岡崖
行書にかなを交じえて書く 講師/福光幽石

●連載
・新「現代の書」の検証(14) 桑原翠邦
 文/田宮文平
・書道にまつわる法律の疑問Q&A
 回答/神谷信行
・まんが日本書道ものがたり(2)
 藤原行成
 監修・文/村上翠亭 画/岡田 潤

●中国レポート
 上海図書館蔵「善本碑帖展」観記 文/伊藤 滋

●コラム
 常識と非常識の間で(31) 文/堀 久夫
 ギャラリー「伊藤仁齋筆 蘭亭記」
 文字のいずまい(13) 文/臼田捷治

●クローズアップ
 日本近代書法の原点としての潘存 文/杉村邦彦
 三村秀竹「臨書の世界」

●インフォメーション
 淑徳大学公開講座
 書の名蹟への招待-眼で見る・文字の変遷-

●書論の広場
 単元名「字画像・・・」
 -高等学校の書道教育における授業実践- 文/清水亮

●読者参加企画 作品募集
 「蘭亭序」臨書募集 講師/吉澤鐵之

●結果発表
 「俵万智の歌・片山由美子の句」色紙作品ご紹介

●プレビュー
●話題の展覧会
●話題の書道展より
●墨らんだむ


墨 178号 の表紙画像

[大きい画像を開く]88875
墨 178号
2006/01/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む144788875

◆巻頭特集
ビジュアル墨場必携3かな編 分かちがたい“うた”と書
「ビジュアル墨場必携」シリーズ
を締めくくるのは、やはり「かな
編」。煌びやかな料紙に、流れる
ような筆蹟で書かれたかな作品は
日本人の美を感じる心に訴えかけ
てくる。かなの名だたる名筆は、
そのほとんどが和歌を筆写したも
のであり、歴史をひもといても歌
と筆蹟とは不可分な存在として扱
われてきた。短歌、俳句など、書
の題材が和歌だけにとどまらなく
なった現代。千年の伝統を受け継
ぎつつも、今の時代にふさわしい
“かなの美しい姿”を見てみたい
と思う。


墨第178号 ビジュアル墨場必携3 かな編
B4変形版 定価2,350円(税込) 
●鑑賞1
ビジュアル墨場必携(3)かな編
実力作家による作品選
13人のアンケート&プロフィール
万葉集 黒野清宇/東山一郎/楢崎華祥/内山玲子
古今和歌集 高木聖鶴/日比野光鳳
新古今和歌集 黒田賢一/横山煌平
百人一首 小山やす子
近代短歌 榎倉香邨/桑田三舟/清水透石
良寛 井茂圭洞

●インタビュー
歌人・俳人にきく
受け手が歌の世界を広げる 俵 万智(歌人)
句の裏に想いを込めて、十七音で表す世界 片山由美子(俳人)

●鑑賞2
気鋭作家書き下ろし
俵 万智・片山由美子の「うた」を書く
高木厚人/土橋靖子

●ガイダンス
歌集の成立でたどる和歌の歴史 文/池田和臣
短歌の変貌と書 文/小高 賢
俳句の流れ 文/山下一海


●インタビュー
私の歌選び
高木聖鶴/榎倉香邨

●比較
古筆に学ぶ
~書き手が変われば、表現も変わる~

●コラム
色紙豆知識
誤りやすい変体仮名 解説/池田和臣

●鑑賞3
新春「賀」の色紙

●レッスン
制作の過程 東山一郎

●クローズアップ
「自分のテーマ」を持とう 渡辺墨仙

●資料
かな作品と著作権
実用墨場
歌人・俳人略伝
歌集・句集ブックガイド

●企画
書のニューウェーブ
ー書を発信し、次代を切り拓く若手作家たちー
金敷駸房・木下真理子・武田双雲・森大衛
●連載
・新「現代の書」の検証(13) 中野越南
 文/田宮文平
・ホープ登場(7) 真鍋井蛙
・書道にまつわる法律の疑問Q&A
 回答/神谷信行


●新連載
・まんが日本書道ものがたり(1)
 小野道風
 監修・文/村上翠亭 画/岡田 潤

●コラム
 常識と非常識の間で(30) 文/堀 久夫
 文字のいずまい(12) 文/臼田捷治
 ギャラリー「陳会祺手拓『扶侯鐘銘』」


●スポット
 全国初の「書道教育特区」実現
 インドと日本のカリグラフィー展
 書の四季カレンダー発売中

●書論の広場
 新出の顔真卿三十三歳書「王琳墓誌」簡解
 文/角田勝久

●新春名刺交換会

●追悼
 村上三島氏 逝去

●読者参加企画 作品募集
 俵万智の歌・片山由美子の句を書く

●結果発表
 吉語印・呉譲之白文印を刻る
 審査/岩切誠・岡野楠亭

●プレビュー
●話題の展覧会
●話題の書道展より
●墨らんだむ


墨 177号 の表紙画像

[大きい画像を開く]83400
墨 177号
2005/11/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む144783400

◆巻頭特集
紙型別書き方レッスン1 扇面・色紙 優雅で小粋な書の世界

中国・日本において、篆刻の世界にも書の世界と同じように流派が生まれてきた。その大きな要因は篆刻に対する見方・考え方を含めた“技法”による刻風の違いであろう。この特集では、まず中国と日本において一家を成した篆刻家の印に触れ、篆刻の流れを把握する。そして、現在活躍中の篆刻家の勉強法を知り、さらに篆刻のレッスンで“技法”の習得を目指したい。印を見て、感じて、作品に表現していく。それぞれの過程で確実な“技法”を身につけてほしい。初心者から上級者まで、あなたの腕を一歩高める“わかる!”特集。

●鑑賞1
チャートでわかる中国の篆刻の流れ 解説/蓑毛政雄
篆刻八家選-中国編-
チャートでわかる日本の篆刻の流れ 解説/中野 遵
篆刻八家選-日本編-

●鑑賞2
水木コレクション 高芙蓉遺印-十四方- 解説/伊藤 滋

●よみもの
大和古印の世界 文/水野 恵

●インタビュー1
篆刻の魅力と勉強法 河野 隆

●鑑賞3
中国近現代“篆刻の逸品”-静妙軒蔵-

●インタビュー2
印影を見る、違いを楽しむ 稲村龍谷

●レッスン
(1)基本を学び吉語印をつくろう 講師/岩切 誠
(2)名品から刀法を学ぼう 講師/岡野楠亭
(3)印の押し方と作品への展開を学ぶ 講師/小 朴圃

●クローズアップ
解決!マジック転写法 真鍋井蛙

●資料室
自分に合った篆刻の楽しみを見つけよう

●インフォメーション
第二回初世中村蘭臺展

●企画
戌年の年賀状
戌年生まれの書家の年賀状2006
年賀状のルール
消しゴム印で作る楽しい年賀状
戌年の遊印-もぐら庵
集字帖

●連載
・新「現代の書」の検証(12) 殿村藍田 文/田宮文平
・ホープ登場(6) 柳 碧蘚
 ※日本の書文化は筆者都合により、しばらくの間休載いたします。

●トピックス
・第5回 書法文化書法教育国際会議開催に向けて 文/魚住和晃
・書道にまつわる法律の疑問Q&A(2) 回答/神谷信行

●コラム
 常識と非常識の間で(29) 文/堀 久夫
 文字のいずまい(11) 文/臼田捷治
 ギャラリー「山田正平刻印二顆」

●スポット
 古今集成立1100年記念 関連展覧会のご紹介
 「世界のSho 日本の書」成功裏に終了
 官公書展記念特別展示 原本(肉筆・拓本)と複製
 第27回 公募千字文大会 開催

●お詫びと訂正
 「ライ盤銘文拓本再考」 解説/伊藤 滋

●書論の広場
 国宝 金印の実像「漢委奴国王」の名称と所在地の関係を正す(1)
 文/佐藤容齋

●臨書募集
 吉語印募集
 「呉譲之」白文印模刻募集

●結果発表
 扇面に蘭亭序を書く 審査/有岡崖
 扇面に粘葉本和漢朗詠集を書く 審査/大石三世子

●プレビュー
●話題の展覧会
●話題の書道展より
●墨らんだむ


墨 171号 の表紙画像

[大きい画像を開く]41899
墨 171号
2004/11/01 発売号

価格:2,417 円 / 在庫あり

もっと読む144741899

巻頭特集
楽しくマスターする隷書

篆刻は、「天(篆)」を「刻」ること
だといった人がいる。優れた刻印の印
面には、人を惹きつけてやまない、底
知れぬ魔力があるともいう。本特集で
は印を愛用、または愛蔵する側にスポ
ットをあて、虜となった愛好者たちの
秘蔵品とともに、その力に触発されて、
自らの創造の手がかりを見つけた書家、
篆刻家らのエピソードも大公開。?方
寸の宇宙?に一度価値を見出した人は、
もう無関心でいられなくなるだろう。
「眼福の一冊」をここにお届けする。

墨第170号 隷書
●印癖人伝
富岡鉄斎 文/野中吟雪
会津八一 文/中野 遵
橋本関雪 文/水野 恵

●鑑賞1
一千顆の蒐集 ―市島春城コレクション―

●鑑賞2
書家の愛蔵・愛用印
宇野雪村 文/玉村霽山
手島右卿 文/高澤翠雲
川村驥山 文/川村龍洲
小坂奇石 文/江口大象
西川 寧 文/田中東竹

●コラム
相澤春洋先生刻印 文/北川博邦
殿村藍田の自用印 文/鈴木瑞之

●歴史
印癖の諸相 文/北川博邦

●書と印
現代書家8人 書作品に生かす印
恩地春洋/貞政少登/杭迫柏樹
江口大象/桑田三舟/米本一幸
吉田成堂/鈴木まつ子

●海外トピックス1
台湾の巨星 呉 平
杉雨先生と堪白先生 文/谷村雋堂
台湾交友録 文/原田歴鄭

●海外トピックス2
孤高の天才「印鈕」作家 廖徳良

●インタビュー
篆刻蒐集事情 遠藤 彊

●スポット
印材鑑賞と煎茶の世界 文/西嶋慎一

●インフォメーション
山田正平展 ―文人に愛された文人篆刻家―

●資料室
役に立つ 特集関連情報

●企画
酉年の年賀状
・酉年生まれの書家の年賀状2005
・干支印コレクション
・プリントゴッコjetを使って年賀状を作ろう
・集字帖
・酉年のもぐら庵

●連載
・新「現代の書」の検証(6) 森田竹華 文/田宮文平
・灌頂暦名を科学検証する(2) 文/表 立雲
・筆跡は語る(最終回)「烏丸光広の書」 文/魚住和晃
・早わかり 中国書法史(12)「明」 監修/赤井清美
◆日本の書文化は、筆者都合によりしばらく休載いたします。

●コラム
 文字のいずまい(5) 文/臼田捷治
 常識と非常識の間で(23) 文/堀 久夫
 ギャラリー「上林農官」漢セン
 
●スペシャルインタビュー
 日本芸術院賞・恩賜賞受賞記念
 新井光風

●スポット
 金子鴎亭 与 現代書法北京展
 東京国立博物館リニューアル

●書論の広場
 激変の最中にある中国篆刻界 文/晋 鴎

●読者参加企画
 《模刻講座》
 初級者編・趙之謙/上級者編・呉昌碩
 講師=柳 濤雪

●臨書募集結果発表
 曹全碑 講師=関 吾心

●プレビュー
●話題の展覧会
●話題の書道展より
●墨らんだむ
■墨 の読者レビュー、感想
初めての購読です。
投稿日:2014/10/11 21:15:25 / 投稿者:書道ビギナー(パート) / ★★★
書道を初めてまだ半年の初心者です。奥深い書の世界にひたりたくて墨を初めて購入しました。これからも続けて購読したい雑誌です。
よかったです。
投稿日:2013/04/04 11:09:39 / 投稿者:さくらさく(会社員) / ★★★★★
扇面の特集参考になりました。
今さら聞けないこと
投稿日:2009/09/24 08:24:19 / 投稿者:mamataka(専業主婦) / ★★★
「書」に関して、今更恥ずかしくて聞けないかも・・と思っていましたが、偶然にも「墨」のバックナンバーを1冊購読したことにより怪傑できました。店頭販売は限られた書店なので定期購読をしてみようと思っています。

投稿日:2009/09/18 11:09:09 / 投稿者:かきかたママ(主婦) / ★★★
書を長く続けて参りましたが、幅広く、そしてわからない事は一から学ぶ為に購読を始めました。知らなかった事、知識はあったけれど詳しくわかった事、書の鑑賞…と手にしてから何度も読み返しています。サイズも小さくなって手にしやすいです。
おすすめです!
投稿日:2009/09/10 16:14:38 / 投稿者:敬子(会社員) / ★★★★★
篆刻の先生の薦めで読みました。書道全般の最新情報から知識まで、一冊で全てが得られる貴重な雑誌です。篆刻を特集した数年前のバックナンバーはバイブルとして、今号は技術向上や鑑賞の助けとして、大いに役に立っています。例年、年賀状の準備の季節には特集が組まれ、今から楽しみです。
初心者にもお勧めの本です
投稿日:2009/04/15 11:02:44 / 投稿者:筆不精(OL) / ★★★
書道好きの父が定期購読していたものですが、初心者にもわかりやすい内容だったので当初興味がなかった私も読むようになりました。書道をする方にはもちろんのこと、滅多に筆を持つ機会のない方も一度手に取ってご覧になってみるのも良いと思います。案外ハマってしまうような記事もありますよ。
書道を習う人必見!
投稿日:2008/09/29 10:13:18 / 投稿者:さくらんぼ(主婦) / ★★★★★
初心者の私にとっては、書道の世界は、教室以外で自分で知識を習得するのが難しいと感じていたのですが、この本は保存版として、何年経ってもまためくるであろう情報がたくさんでとても重宝しています。装丁も素敵です。
私の展覧会
投稿日:2007/11/30 09:10:38 / 投稿者:dimple(主婦) / ★★★★★
私は地方にいるため、展覧会などほとんどなく色々な書にふれたくてもふれる事が出来ません。書道教室の先生宅でこの本を見せて頂き、すぐ定期購読をするようになりました。墨は、定期的に来る私の展覧会です。家にいて色々な書にふれることが出来、そして刺激になります。私のように書に十分にふれることが出来る方にはお勧めしたい一冊です。
書道関連で一番充実した雑誌
投稿日:2007/10/29 16:56:59 / 投稿者:nekotama(学生) / ★★★★★
『墨』は明治期の書家の作品や愛用していた筆墨など滅多に見られない逸品が掲載されており、面白いです。シックな雰囲気の写真も多く、ビジュアルも充実してるなあと思います。書道団体の情報も多く、これから学ぶ人にとっても良いのでは~?と思います。
雑誌「墨」は最高の美術雑誌!
投稿日:2006/02/15 15:05:50 / 投稿者:富士宮(会社員) / ★★★★★
雑誌「墨」は書道や日本美術を学ぶ者にとり、最高の指南書、研究書だと思う。一般的知識から専門知識まで網羅し、ビジュアル写真満載の「今を生きる」雑誌となっている。
プロからアマまで読める雑誌
投稿日:2005/07/04 17:16:57 / 投稿者:ssm(大学生) / ★★★★★
書道を続けているとその歴史の深さに自分の知識不足を認識することも多いものですが、専門書に手を伸ばすのには少し勇気がいるという方は多いと思います。そんな時この雑誌は、難しい内容もわかりやすくかみ砕いて紹介してくれてとても読みやすくわかりやすく楽しんで書道を続けられます。
筆と人生のお友に・・・
投稿日:2004/07/26 17:09:41 / 投稿者:筆月(主婦) /
趣味を続けていると誰でもぶつかる壁 自分の無知 練習不足 目標が果てしなく遠く感じるときなど 
藝術新聞社の 墨 は書道を嗜む人の愛読書になること必定と言っていいくらい 技術面はもちろんのこと歴史や知識面 充実した内容には感服いたします

0.009
ai.uwalava.info ( 0.749 )